体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

吉川晃司 2016年シンバルキック納め…“馬鹿じゃないの?”って自分にツッコミを入れながら、新年を迎えたい

吉川晃司 2016年シンバルキック納め…“馬鹿じゃないの?”って自分にツッコミを入れながら、新年を迎えたい

 吉川晃司が、【KIKKAWA KOJI Live 2016“WILD LIPS”】の追加公演を12月29日、30日に国立代々木競技場第二体育館にて開催した。

吉川晃司 ライブ写真

 この日のライブは「ライブ、まだやりたりないという気持ちがあるので、年末やります」と本ツアー最終日の東京体育館での発言から開催が決定。今回、体育館から体育館へという流れになった。

 オープニング・ナンバーは本ツアーと同じ「Wild Lips」。本ツアーでは幕がかかった状態で始まったのだが、この日は前置きなしでいきなり本題に入るようなスタートを切る。吉川が最初から気迫あふれる歌を披露。バンドのメンバーは生形真一(g)、ウエノコウジ(b)、湊雅史(dr)、ホッピー神山(key)、菅原弘明(g、key)と本ツアーと同じ顔ぶれとなっていた。ひとツアーを経たことによって、バンドの音は整理され、よりソリッドでタイトに歌も演奏もダイレクトに届いてきた。前半は最新アルバムからのナンバーが続く構成で、突き上げられるたくさんのこぶし、大声での歓声、飛び散る汗、体育館らしい熱い熱い盛り上がりをみせた。5曲目の「Oh, Yes!!」が終わったところで、この夜最初のシンバルキックが炸裂したのだが、吉川は勢い余って頭から床に直撃した。

 「頭、打ちました。いい感じに砕けていくのがいいね。20回に1回くらい頭を打つ。40回に1回くらい足が折れる」とのこと。さらに「みなさん、発散して、いろんなものを全部吐き出して帰ってください。そしていい年を迎えましょう」どおり、発散しまくるライブへ。「LA VIE EN ROSE」の終わりでもカカト落としでシンバルキックしたのだが、またしても転倒して頭を打ちつけた。満身創痍、壊れまくりの激しいライブだ。

 本ツアーでは演奏されなかった「Nobody’s Perfect」では鳴海荘吉(吉川が演じた仮面ライダースカルの変身前の人物)名義で歌っていたこともあって、ハットをかぶっての歌唱。スケールの大きな歌の世界をバンドが見事に表現し、吉川が包容力あふれる歌を披露していく。この曲の“どんなときも立ち向かっていけばいい”という言葉がこの夜のファイティング・スピリッツあふれるステージを象徴するかのようだった。また「MODERN VISION」では吉川と生形のユニゾンのギターに、ホッピー神山のキーボードが加わってのアンサンブルはスリリングだった。圧倒的な破壊力で突っ走っていったのは「BOMBERS」。「頭直った?」との観客の問いには「無理だろうね。このまま壊れたままでいきたい。こんな世の中、壊れながらも言いたいことを言い、やりたいことはやっていこうと思っています」。

 本ツアーにて演奏されなかった「LUNATIC LUNACY」では切れ味抜群の歌とシャープなグルーヴを生み出す演奏に酔いしれる。そして後半は怒濤の展開に。「Black Colvette」ではKマークの電触がまるで車輪が回転するように輝き、吉川の全身を使ってのアクションに会場内全体が白熱していった。「SPEED」はイントロから大歓声。「RAMBLING MAN」では観客も一緒に歌い、踊っていた。本編最後は「BOY’S LIFE」。まさにすべてを出し切るような歌。その歌声に観客が応えて、シンガロングして熱い熱い空間が出現していく。最後のシンバル・キックではまたハプニングが……吉川のキックはシンバルを直撃したのだが、衝撃でシンバルがはずれて、ドラム台の前まで飛んでいった。予定調和とは無縁のドラマティックな、そして人騒がせなエンディングだった。

 アンコールはこんな挨拶から始まった。「いろんなことがあると思いますが、また笑顔の再会を約束して。これはくたばるまで言い続ける言葉にしたいなと思います」「ここも4年後のオリンピックで使う会場ですね。東京オリンピックまでの応援歌なので歌います」この言葉に続いてポセイドン・ジャパン公式応援ソング「Over The Rainbow」。Kマークの電触が虹色に輝く中、突き抜けた歌声が会場内に響き渡っていく。「Dream On」は全身を揺らして、バンドのグルーヴと一体になりながら、自らの体にまで刻み付けるような歌声だ。この歌の歌詞ではないが、倒れ続けながらも進んでいくような歌に胸が熱くなる。すでにこの時点で完全燃焼と言ってもいい状態だろう。だがまだ終わらない。Wアンコールでは、ホッピー神山のピアノをバックにふたりだけで「この雨の終わりに」。人間性までもが伝わってくるようなむきだしの歌が染みてくる。ここでもまだ終わらず、バンドのメンバーが全員登場して、「せつなさを殺せない」へ。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。