体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英語を活かせる国内のボランティア団体10選!

英語を活かせる国内のボランティア団体10選!

みなさん様々な理由で英語を勉強していると思いますが、現実にはなかなか使う機会がないのではないでしょうか?せっかく勉強して身につけたその語学力を、誰か困っている人のために使えたら素敵ですよね。

今回は、英語が活かせるボランティアを10個まとめてみました。ボランティアに参加して日頃から英語を使う場を持つことで、更に成長することもできるでしょう。

 

英語が活かせる国内のボランディア団体10選

Volunteer Charity Help Sharing Giving Donate Assisting Concept

CIEE

■活動内容
CIEEは、世界各国から集まったボランティアたちが様々な形で日本の地域社会に貢献することを主な目的として活動しています。1995年から海外ボランティアの受入を開始し、20年にわたり活動を続けています。ボランティアプロジェクトは全国各地で開催されており、海外からも120名を超える外国人ボランティアにご参加しています。

日本国内にいながら外国人と英語で国際交流できるボランティアもあり、主に日本の文化や伝統、風習などの魅力を外国人に伝えることが中心となります。

活動場所
全国各地

必要な英語レベル
TOEFL iBT®61点、TOEIC®テスト 600点以上の方が望ましいです。ただしスコアが満たなくても応募は可能です。通訳を任されるプロジェクトもありますが、リーダーシップやコミュニケーション能力がより求められるプロジェクトもあります。自分の英語レベルと照らし合わせて、参加できるプロジェクトを選択しましょう。

TOKYO FREE GUIDE

活動内容
外国人観光客(6人以下の個人旅行グループ)を案内することが目的です。ガイドする場所はゲストが希望する場所ですが、基本的には都内近郊になります。ガイドが了承する場合、鎌倉、日光、箱根、富士山までガイドすることもあります。

既定ルートなどはなく、事前にゲストとメールでやりとりして、興味や希望を聞きだします。案内ルート作成やルートの下見などの準備も、基本的にガイドが一人で行います。自分の自由な日時で活動できるところが特徴です。

活動場所
東京および近郊

必要な英語レベル
メールおよび会話において、自分一人で日本語以外の言語でコミュニケーションをとれる語学力

JFS

■活動内容
JFSでは、主に情報発信についての活動を行っています。活動チームは情報検索、和文記事作成、英訳、ウェブチームなどに分かれています。持続可能な社会の実現をめざした環境情報を日・英語で発信しており、翻訳などのボランティアを募集しています。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。