体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

15歳で起業、16歳で高校を中退した経営者・三上洋一郎さんが慶應生になった理由。

15歳で起業、16歳で高校を中退した経営者・三上洋一郎さんが慶應生になった理由。 三上洋一郎さんインタビュー_01

中学生で社会人となった少年がいます。しかもその少年は、社会人一年目から会社の社長。名前を三上洋一郎(みかみ・よういちろう)さんといいます。15歳で起業した三上さんは2016年に18歳の慶應生となり、2017年の今年は二年生へ。大学生活が二年目を迎えようとする三上さんに、大学生活のことや学校教育のこと、今後の夢や目標などをお聞きしました。

 

慶應の総合政策学部は、横断的に学べる点が特長!

 

三上洋一郎さんインタビュー_02

Q:まずは、“15歳で起業した経営者”としての三上さんについて教えてください。

僕は4年前から、株式会社GNEXという会社を経営しています。事業内容を簡単にいうと、マーケティング支援の仕組みを企業へ提供する事業です。

Q:事業の状況を簡単に教えてください。

僕ら大学生でも親しみのあるものだと、『Tポイント』のウェブサイトに僕らの『Push7』というサービスが導入されています。数にして、現在は約3,000を超えるサイトで利用していただいている状況です。おかげさまで、その数は現在も順調に伸び続けています。

 

三上洋一郎さんインタビュー_03

Q:“慶應生”としての三上さんついて教えてください。

去年の4月から、慶應義塾大学(以下、慶應)の総合政策学部という学部へ通っています。僕の場合は、経済・経営分野の授業なら、ミクロ経済、国際経営論、インベストメント・コーポレートのファイナンス論が中心です。ほかには安全保障論、近代の思想・哲学に関する授業、企業法などの分野も履修していますし、一般に理系に大別される統計解析やプログラミングといった授業も学んでいます。

Q:政策学部の魅力を教えてください。

僕の履修内容にあるように、慶應のなかでもさまざまな分野に関して、横断的に学ぶことのできる点が大きな特長です。僕は、陳腐化しない基礎的な知識から、それらをどう応用して利益を出すかといった部分まで、一貫して学べる点に魅力を感じていて、その点は進学先のキャンパスとして総合政策学部を選んだ理由の一つでもあります。

Q:ほかには、具体的にはどんな特徴がありますか?

例を挙げると本当にきりがないんですが、例えば、キャンパス内がドローン特区に指定されるなど、技術分野における最先端を実践しながら学べる点は特徴の一つです。ほかにも、必修科目がとても少なく、一年生の春学期より自分の興味のある分野のほとんどを履修できる点も魅力になると思います。また、望めばそれらの分野の最先端の現場で活躍されているビジネスパーソンや教授と、直接会ってお話をさせていただく機会にも恵まれています。

 

「認定試験に合格すれば大学へ進学できるんだ!」

 

三上洋一郎さんインタビュー_04
1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。