体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『1月1日はなんの日?』今日から2017年、お正月の定番曲「春の海」が作られたのは何年前?

『1月1日はなんの日?』今日から2017年、お正月の定番曲「春の海」が作られたのは何年前?

 1月1日は新しい年のはじまり。お正月になると、TV番組やデパートのBGMでよく聴くのが箏と尺八の二重奏による「春の海」。同曲は今から88年前の1929(昭和5)年に箏演奏家・作曲家の宮城道雄によって作曲・演奏された楽曲である。

 日本的なメロディーであることから、もっと古い歴史をもった曲だと思い込んでいた人も多いのではないだろうか。実は「春の海」は、宮城が西欧の音楽に影響を受け作曲した作品であり、なんと海外でもレコードが発売されている。初演から3年後となる1932年に来日したフランス人バイオリニスト、ルネ・シュメーが同曲を大変気に入り、宮城が箏、シュメーがバイオリンで尺八のパートを担当し「春の海」を演奏。これがレコード化され、当時、日本のみならずアメリカやフランスでも発売されたとのこと。以降、同曲はバイオリンのみならず、フルート、ケーナ、さらにはオーケストラの合奏など様々な楽器・スタイルで演奏されている。

関連記事リンク(外部サイト)

乃木坂46&欅坂46『週刊ザテレビジョン』お正月超特大号コラボ動画公開
「関ジャニ∞クロニクル いきなり正月からワチャワチャSP」が全国放送 生田斗真、瑛太など豪華ゲストが続々出演
薬師丸ひろ子、正月ドラマ会見後にサプライズ 自ら申し出てエンディング曲をアカペラ歌唱

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。