体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2017年に節目を迎えるバンド】TOTO、デフ・レパードが結成40周年、フリートウッド・マックは結成から50年

【2017年に節目を迎えるバンド】TOTO、デフ・レパードが結成40周年、フリートウッド・マックは結成から50年

 ついに2017年の幕が開けた。年始からジェフ・ベック、ガンズ・アンド・ローゼズ、ジャーニー、サンタナ、ドゥービー・ブラザーズ、スティーヴン・タイラーなどビッグ・アーティストの来日ラッシュが続く。そんな2017年にアニバーサリーを迎える3つのレジェンド・バンドを紹介したい。

 まずは結成40周年。1977年にロサンゼルスの名うてのセッション・マンたちによって結成されたTOTO。「アフリカ」「ロザーナ」などの大ヒット曲でAORブームを牽引、日本でも絶大な人気を誇る彼らが今年で結成40周年を迎える。TOTOとしての活動以外にも、メンバーそれぞれが著名なアーティストのバンドメンバーに名を連ねるなど、一流セッション・マンとして活躍を続けてきた彼ら。2000年代に一度は解散を宣言したものの、難病を患ったバンドのベーシスト、マイク・ポーカロ救済のため、メンバーは活動を再開。ポーカロは2015年に闘病を終え旅立ったが、その悲しみを乗り越え、バンドは今日まで歩み続けている。昨年3月には来日公演もおこない、さらに秋にはスティーヴ・ルカサーがリンゴ・スターのバンドメンバーとしてふたたび来日を果たしているが、TOTOはすでに、2017年夏のヨーロッパツアー開催を発表済み。コンスタントに来日公演をおこなってくれるバンドだけに、その知らせもそう遠くはなさそうだ。

 そして、結成40周年を迎えるバンドがもう1組。80年代からハードロック・シーンをリードしてきたデフ・レパードだ。1987年『炎のターゲット』で世界的大ブレイクを果たし、続く『ヒステリア』『アドレナライズ』が全米ビルボードNo.1に輝くなど、商業的にも大成功を収めた。ハードロック/メタル系のバンドのなかでは珍しくメンバーチェンジの少ないバンドであるが、ドラマーのリック・アレンの左腕切断、ギタリストのスティーヴ・クラークの死去、そして近年はクラークの後任ギタリストであるヴィヴィアン・キャンベルのがん闘病など、彼らもまた、幾多の困難や悲しみを背負い、乗り越えながら40年という節目の年にいたっている。

 最後に、今年で結成50周年を迎えるバンドを紹介したい。1967年結成、当時イギリスを席巻したブルース・ロック・ブームに乗って登場し、70年代後半にはポップ路線に転向、『噂』『牙(タスク)』などのヒット作を連発し、世界的に成功を収めたフリートウッド・マック。この半世紀の間には、メンバーチェンジや私生活での薬物依存問題、メンバー各自がソロで成功を収めたことによるバンド活動の停滞など、何度も解散の危機が訪れた。しかし近年、ふたたび黄金期のメンバーでワールドツアーをおこなうなど、精力的な活動が目立ちはじめ、新作のレコーディングが進行中との話も。各自ソロ活動もおこなっており、2016年こそ目立った活動はなかったが、結成50年の節目となる2017年には嬉しいニュースを届けてくれると願いたい。

 移り変わりの激しい音楽シーンにおいて、ひとつのバンドを継続することは決して簡単なことではない。頂点を極めたアーティストだからこその、知られざる葛藤もあるだろう。さまざまな試練を乗り越え、歴史を重ね続けるレジェンドたちの2017年に注目したい。

関連記事リンク(外部サイト)

【プレイバック2016】トランプの時代、新しいポップ・ミュージックの時代
ポール・サイモン、元妻キャリー・フィッシャーを追悼
カニエ・ウェスト、新年の抱負を明かす

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。