体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

<2017年注目の洋楽アーティスト>【グラミー賞】新人賞ノミネート!カントリー界の実力派新星マレン・モリス

<2017年注目の洋楽アーティスト>【グラミー賞】新人賞ノミネート!カントリー界の実力派新星マレン・モリス

 テキサス州アーリントン出身、26歳のカントリー・シンガー、マレン・モリスが、大きな注目を集めている。

<2017年注目の洋楽アーティスト>関連画像

 今年1月にリリースされた、デビュー・シングル「マイ・チャーチ」が、ビルボード・ソング・チャートで最高位50位、カントリー・チャートで5位をマークし、デジタル・チャートでは首位を獲得、全米だけで80万枚を超える大ヒットを記録した。ゴスペル隊を率いて歌うミュージック・ビデオも、カントリー・ソングとしては異例の、2000万視聴回数を突破している。

 6月に発売された2ndシングル「80s・メルセデス」も好調で、80年代をイメージしたネオン瞬く街並みをベンツで駆け抜けるビデオは、サウンド、ビジュアル共に完成度が高く、全米だけで20万枚のヒットとなり、カントリー・チャートでは15位まで上昇している。まだまだランクアップが期待できそうだ。

 この2曲が収録された、メジャー・デビュー・アルバム『ヒーロー』は、米ビルボード・アルバム・チャートで5位に初登場し、カントリー・アルバム・チャートでは、自身初のNo.1を獲得した。カナダやオーストラリアでもスマッシュヒットを記録している。アルバムに収録された全14曲(デラックス盤の収録曲含む)は、すべて自身が手掛け、パワフルな歌声だけでなく、ソング・ライティングの才能も評価されている。

 「マイ・チャーチ」、そして本作『ヒーロー』の大ヒットを受けて、今年11月2日に開催された【第50回カントリー・ミュージック・アワード2016】では、<ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(新人賞)>を受賞、そして、2017年2月12日(日本時間2月13日)に開催される【第59回グラミー賞】でも、<最優秀新人賞(ベスト・ニュー・アーティスト)>にノミネートされている。【カントリー・ミュージック・アワード】に続き、グラミーでも<新人賞>を受賞すれば、2017年の大ブレイクは間違いないだろう。

 テイラー・スウィフトやシャナイア・トウェインといった、カントリー界のスーパースターたちと同じように、ポップとカントリーを行き来するようなサウンドが、幅広い層に支持されている、マレン・モリス。ポップ、カントリー・ロック、壮大なバラード、R&Bまで何でもこなす彼女は、時に“ジャンルにとらわれない”ということを強調されるが、本作『ヒーロー』を聴けば、マレン・モリスの基盤は間違いなくカントリーにあると実感できる。

 目鼻立ちのハッキリした美しいビジュアルや、カジュアルもドレスも着こなすファッションセンス、そして何より、シンガーソングライターとしての堂々とした実力と、全てを兼ね揃えている、マレン・モリス。グラミーの出演を機に、これから間違いなく注目されるアーティストの一人だ。

Text:本家一成

関連記事リンク(外部サイト)

米音楽業界で活躍する女性を表彰する【ビルボード・ウーマン・イン・ミュージック・アワード】が開催、ヘイリー・スタインフェルドが司会に抜擢
【第59回グラミー賞】ノミネーション発表! ビヨンセが最多
ビョーク、音楽業界に蔓延するダブル・スタンダードについて言及

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。