体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Welch’s 桃のにごりスパークリング』桃のうま味を思いっ切り詰め込んだ濃厚炭酸飲料

濃厚なフルーツジュースでおなじみのアサヒ飲料「Welch’s」に、炭酸タイプの新商品『Welch’s 桃のにごりスパークリング』が登場。ドリンクが欠かせないパーティーシーズン真っ只中の今、さっそく味わってみよう!

注いだ瞬間、違いを感じるにごりスパークリング

『Welch’s 桃のにごりスパークリング』(450ml・税別140円・2016年12月13日発売)は桃のうま味を閉じ込めた本格的な大人向け微炭酸飲料で、桃をまるごと搾った混濁果汁のみを使用。にごり果汁ということで、思わずペットボトルを振りたくなるがこれは炭酸入り、大惨事に繋がるのでそれだけは気をつけて欲しい。

ペットボトルは首丈の長いタイプで、クラフトビールの瓶のような形状。特別感のあるゴールドのキャップで、全体的に華やかなイメージに仕上がっている。

さっそくキャップをひねると、まるで桃の缶詰を開けたときのごとく、桃の香りがすさまじい勢いで攻めてくる。

 

コップに注ぐと、炭酸でありながらサラサラとした注ぎ心地ではなく、若干の重みを感じる。トロミまではいかないが、いつもの炭酸とは少し違った感覚だ。

 

見た目は「白桃をドリンクにしました!」というイメージ通りの色味。にごり果汁というだけあり、シャンパンのような透明感はない。微炭酸とはいえ、細かな炭酸の泡がいくつもはじけている。

 

 

飲み込んだあとにも残り続ける、贅沢な桃の香り

一口飲むと、やはり白桃の缶詰を炭酸飲料にしたような味わい。サイダーにフルーツを入れて作るフルーツポンチの「白桃」を食べているような印象で、甘みの中に果物の旨味も存分に感じられる。

 

一般的な炭酸飲料は、ゴクリと飲み込めば口の中がサッパリとすることが多いが、この『Welch’s 桃のにごりスパークリング』は桃の甘さが広がったあと、トロリとした舌触りが感じられ、芳醇な香りがしばらく残り続ける。果汁10%とは到底思えない濃厚さを実現しているから不思議だ。

 

ご存知「Welch’s」は、果汁100%の濃いフルーツ飲料が数多くラインナップ。できれば、もっともっと果汁濃度が高い「Welch’s」のスパークリング飲料も飲んでみたい。だって、絶対においしいはずだもん……。

 

『Welch’s 桃のにごりスパークリング』は、スーパーやコンビニで手に入る。大人向け商品とされているが、当然子供も大好きな味。幅広い世代が集まり食卓を囲む機会がある年末年始に、活躍してくれる1本になりそうだ。

 

カルピス Welch's 桃のにごりスパークリング 450mlペット 24本入
カルピス Welch’s 桃のにごりスパークリング 450mlペット 24本入

 

関連記事リンク(外部サイト)

『ウェルチ 100%フルーツスパークリングホワイトグレープ』は、上品な甘さがたっぷり!おうちパーティーにオススメ
本格フルーツティーでティータイムをもっと贅沢に!
あくまで柔らかく、細かく、刺激的なニッポンの炭酸水。バランス際立つ!『い・ろ・は・す スパークリングれもん』
『ネクタースパークリング』は甘さスッキリの新感覚! カクテル級の上品さでついに登場・ネクター本家の微炭酸
『Gokuri ふんわりピーチ』みずみずしい桃の香りを先取りできる春だけの味わい!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。