体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2016年のラップ・アルバム大本命、J.コール『4・ユア・アイズ・オンリー』(Album Review)

2016年のラップ・アルバム大本命、J.コール『4・ユア・アイズ・オンリー』(Album Review)

 2016年12月31日付の米ビルボード・アルバム・チャート(12月31日付)で、堂々のNo.1デビューを果たした、米ノースキャロライナ州出身のラッパー、J.コールの4thアルバム『4・ユア・アイズ・オンリー』。驚くべきは、50万枚近い初動枚数を叩き出したということ。2016年では、4月にリリースされた、ドレイクの『ヴューズ』(104万枚)、ビヨンセの『レモネード』(65万枚)に続く高セールスで、J.コールというアーティストの、人気の高さを物語った。

 J.コールは、これまでリリースした3枚のアルバム、1st『コール・ワールド:ザ・サイドライン・ストーリー』(2011年)、2nd『ボーン・シナー』(2011年)、3rd『2014フォレスト・ヒルズ・ドライヴ』(2014年)、全てのアルバムが首位を獲得していて、本作『4・ユア・アイズ・オンリー』で、4作全てが首位を獲得し、同時に、R&Bチャート、ラップ・チャートの3冠を、4作連続で制覇したことになる。
 
 全10曲、コンパクトにまとめた『4・ユア・アイズ・オンリー』。ただむやみに、新曲を詰め込むということはせず、厳選された楽曲のみが収録されているあたり、本作への強い拘りが感じられる。そして、“ゲスト”で売ろうとする姑息な手も使わない。本作に収録された10曲全て、フィーチャリング・アーティストはクレジットされていないのだ。これも、楽曲そのものに、自信があるからだろう。

 プロデュース/制作陣には、ジェイダキスやDMX等、人気ラッパーのヒット曲を手掛けたエリートや、ドレイクの「ベスト・アイ・エヴァー・ハッド」(2009年)、エミネムの「ノット・アフレイド」(2010年)、そして今年、9週のNo.1をマークした、リアーナの「ワーク」などを手掛けた、ボーイ・ワンダ、そのリアーナやケンドリック・ラマー、トラヴィス・スコット等の最新作を手掛けた、フランク・デュークスなど、昨今のヒップホップ・シーンには欠かせない、売れっ子プロデューサーたちが参加している。

 冒頭の「フォー・フーム・ザ・ベル・トールズ」から、ラストを飾るタイトル曲まで、10曲全てが「これぞ、ヒップホップ」と唸らせる、ストリート感覚を持ち合わせた、クールな仕上がり。若層向きの、フロアライクなラップ・アルバムというよりは、90年代にフロアに通い詰めた、アラフォー世代の方々が、グっとくるアルバムだと思う。当時活躍していた、東海岸のアーティストを彷彿させる音に、J・コールのルーツを伺わせる。

 リリース日の関係で、2017年2月に開催される【第59回グラミー賞】にはノミネートされなかったが、2016年のラップ・アルバム大本命といっても過言ではない、完成度の高いアルバム『4・ユア・アイズ・オンリー』。しばらく、いい音楽(アルバム)に出会えていないという方は、是非聴いていただきたい。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『4・ユア・アイズ・オンリー』
J.コール
2016/12/9 RELEASE
https://goo.gl/cE9sWS

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・アルバム・チャート】J.コールが通算4作目のNo.1、ポスト・マローンのデビューALが初登場
J.コール&ビッグ・ショーンのコンサート場外での発砲事件、容疑者逮捕へ
J・コール 客席から飛んできたiPhoneが顔面直撃するも笑顔でパフォーマンス続行

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。