体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SMAPロス続出&ベスト断トツ1位、星野「恋」安定トップ、紅白&CDJ1617開催:今週の邦楽まとめニュース

SMAPロス続出&ベスト断トツ1位、星野「恋」安定トップ、紅白&CDJ1617開催:今週の邦楽まとめニュース

 12月26日、『SMAP×SMAP』が遂に最終回を迎えた。番組では25年に渡るSMAPのパフォーマンス映像や5人旅の様子、さらに番組終盤には、恐らく見納めになるであろう5人一緒の「世界に一つだけの花」が披露され、ファンのみならず全国の視聴者の涙を誘った。そんな中、SMAPの3枚組ベスト盤『SMAP 25 YEARS』が61万枚以上を売り上げ、ビルボードジャパン総合&セールスチャートで1位を獲得。注目の作品とあって、ルックアップでも1位となり、当分の間はこのまま勢いをキープしそうな予感だ。

【ビルボード】SMAP『SMAP 25 YEARS』が断トツで総合AL制覇、人気アニメサントラが2位
【ビルボード】SMAP『SMAP 25 YEARS』が61.3万枚セールスで大差、アルバム・セールス1位に

 そんなSMAPの背中を追うのが、12月28日にこちらもベストアルバム『アンコール』を発売したback number。SoundScan JapanによるCDアルバム売上中間レポートでは、『SMAP 25 YEARS』に僅差の約500枚差で2位に付いている。次週の結果に要注目だ。

【先ヨミ】SMAPベストALが2週に渡りトップ、2位のback numberが僅差で追いかける展開に

 シングル部門では、星野源の「恋」がJAPAN HOT100総合チャートで首位を達成した。今週も動画再生回数、Tweet数で大きくポイントを稼ぎ、いまだ『逃げ恥』ロスから抜けられない人が多数いることが見受けられる。この曲も披露される『第67回紅白歌合戦』の影響で、次週も上位キープが狙えそうだ。紅白では新垣結衣との「恋ダンス」共演の予定なしとのことだが、どんな演出が控えているのか、気になるところだ。

【ビルボード】星野源「恋」3度目の5冠でJAPAN HOT100総合首位V6獲得
星野源、新垣結衣から「頑張ってください」とエ-ル “恋ダンス”共演、NHK側は「予定していない」

 「恋」が9位にチャートインした今週のシングル・セールスで1位を記録したのは、シングル総合2位のQUARTET NIGHTの「God’s S.T.A.R.」。アニメ『うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレジェンドスター』から誕生したこの曲は、ルックアップ、Twitter、デジタルダウンロードでもポイントを重ねてトップを飾っている。次週もどこまで記録を伸ばすのか注目したい。

【ビルボード】『うたプリ』内ユニットが大逆転でシングル・セールス1位に
【ビルボード】うたプリ挿入歌がRADの牙城を崩してアニメチャートトップ、2位はバンプ『3月のライオン』OPテーマ

 おおみそか恒例の紅白歌合戦のリハーサルが12月28日行われ、RADIO FISH、PUFFY、欅坂46ら初出場アーティストが参加した。「PERFECT HUMAN」で大ブレイクを果たしたRADIO FISHの中田敦彦は、同じく今年世界的なブレイクを果たし、紅白にゲスト出演するピコ太郎について言及。ライバル視しているピコ太郎を「認めていない」など、いまだそのライバル心は消えていないようだ。

中田敦彦、“ライバル”ピコ太郎の「存在認めていない」 SMAPサプライズ登場案は全力否定
【紅白リハ】欅坂46平手友梨奈「私だけが注目されがちなんですが…」 有村架純、相葉雅紀と初対面の菅井友香「本当に実在してるんだ」
【紅白リハ】初出場PUFFY、リハ終えても疑問だらけ 相葉雅紀らとの面談では「世間話をしました」

 また、今年のトップバッターを務める関ジャニ∞の村上信五は年内解散のSMAPについて、「背中が大き過ぎて、追い掛けるには“大き過ぎる存在”」、Sexy Zone菊池風磨も「SMAPは永遠にSMAP。僕らは追いつけ追い越せの精神で飛躍していけたら」とコメントしている。

【紅白リハ】関ジャニ、SMAP解散に言及 村上信五「追い掛けるには“大き過ぎる存在”」
【紅白リハ】Sexy Zone、相葉雅紀の司会「緊張していました」 SMAPに「追いつけ追い越せの精神で」

 もう一つ、年末恒例といえば【COUNTDOWN JAPAN 16/17】だろう。12月28日から4日連続で開催されているこの年末フェスに、今年も人気アーティストが大勢集結。初日から盛り上がりを見せている本フェスに出演するアーティストの関連ニュースをここでいくつかご紹介しよう。まず、2日目に出演したキュウソネコカミは2017年3月23日より行う【試練のTAIMAN TOUR 2017】の対バンアーティスト第一弾を発表。札幌公演にSPECIAL OTHERS、仙台公演に氣志團、東京公演にグループ魂など、強力バンドと共演を果たす。また、3日目で会場を大いに沸かせたサカナクションのボーカル山口一郎は、はっぴいえんどの名曲「風をあつめて」をカヴァー。その楽曲が使用されたオロナミンCの新CMが同商品オンラインにて公開されている。最後に、J-WAVEのラジオ番組『THE KINGS PLACE』でナビゲーターを務める夜の本気ダンス、パスピエ、04 Limited Sazabys、Suchmosは、12月26日に開催されたライブイベント【THE KINGS PLACE LIVE】に出演。各バンドとも曲調に合わせて雰囲気を変えながら、観客を楽しませた。このライブ音源は1月2日の『J-WAVE THE KINGS PLACE LIVE SPECIAL』でオンエアされる。

【COUNTDOWN JAPAN 16/17】初日公演が終了、back number/欅坂46/miwaらに4万人超が熱狂
サカナクション山口一郎が歌うはっぴいえんどの名曲「風をあつめて」起用のオロナミンC新CM公開
キュウソネコカミ、【TAIMAN TOUR】の対バンアーティスト第一弾発表&追加公演決定
夜の本気ダンス/パスピエ/04 Limited Sazabys/Suchmos、豪華4組が集結し【THE KINGS PLACE LIVE】開催

その他今週の注目ニュース

CKBのクリスマス・ライブが開催、横山剣「ビルボードライブ東京、イーネッ!」
Suchmos『SWITCH』特集内容が明らかに、完全撮り下ろし表紙も初公開
DEAN FUJIOKA自身初の年末ライブレポート、ダンスや太極拳披露にファン大興奮
日本最大級のポップス・ロック&オーケストラの音楽の祭典【billboard classics festival 2017】の開催が決定。玉置浩二、槇原敬之、Aimer、尾崎裕哉ら豪華アーティストが出演
山崎まさよし、「君の名前」MV公開 愛娘の結婚式に参列する20年後の山崎を披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。