体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

N.W.レフン監督最新作『ネオン・デーモン』サントラリリース決定、音楽は強力パートナーのクリフ・マルティネスが担当

N.W.レフン監督最新作『ネオン・デーモン』サントラリリース決定、音楽は強力パートナーのクリフ・マルティネスが担当

 ニコラス・ウィンディング・レフン監督の最新作、映画『ネオン・デーモン』の公開に先駆けて、1月11日にサントラがリリースされることが決定した。

 本作の舞台は、ロサンゼルスのファッション業界。モデルになることを夢見て田舎から上京してきた16歳の女の子が、成功への階段をとんとん拍子で上っていくうちに、“美しさ以外は何の価値もない”という業界の常識にどっぷりと浸かっていく壮絶な惨劇が描かれている。なお、本作はカンヌ国際映画祭でプレミア上映された際、賛否真っ二つという狂騒に迎えられ、問題作として世界に放たれた。

 自分の表現方法に妥協せず、アートを突き詰める異端の映像作家として注目を浴びるレフン監督。彼にとって欠かせないのが、2012年公開の『ドライブ』以来強力なパートナーでもあるクリフ・マルティネスが手掛ける劇中音楽だ。本作『ネオン・デーモン』でも、クールなエレクトロニック・ミュージックが、クラブやダイナーなど隋所で冴えわたり、映画の緊張感をより一層引き立て、観るものを一瞬で作品の世界に引き込んでいく。サントラについて、主演のエル・ファニングも「クリフは本当に良い仕事をしたわ。作品のレベルを上げる楽曲になっている」と絶賛。本編に加え、鬼才2人が作り出す刺激的なサントラにも注目してほしい。映画『ネオン・デーモン』は2017年1月13日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズ他全国ロードショー。

◎リリース情報
『ネオン・デーモン オリジナル・サウンドトラック』
2017/01/11 RELEASE
WPCR-17567 2,400円(tax out)

◎公開情報 『ネオン・デーモン』
2017年1月13日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズ他全国ロードショー
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
出演:エル・ファニング、カール・グルスマン、ジェナ・マローン、ベラ・ヒースコート、アビー・リー、キアヌ・リーブス
音楽:クリフ・マルティネス
配給:ギャガ

関連記事リンク(外部サイト)

映画『ブルー・バレンタイン』のデレク・シアンフランス監督最新作『光をくれた人』2017年公開
トスカニーニとプッチーニの感動秘話が明かされる、映画『ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿』の本編映像が一部公開
クリストファー・ノーラン最新作にして初の実話『ダンケルク』衝撃的な特報第2弾公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。