体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポール・サイモン、元妻キャリー・フィッシャーを追悼

ポール・サイモン、元妻キャリー・フィッシャーを追悼

 女優キャリー・フィッシャーの元夫であるポール・サイモンが哀悼の意を表し、現地時間水曜日の朝、Twitterに「昨日は最悪な日だった。キャリーは、特別で、素晴らしい女性だった。早過ぎだ」と投稿した。

 心臓発作を起こし、病院へ搬送された後、現地時間水曜日2016年12月27日に60歳で死去したキャリー・フィッシャーは、ポール・サイモンと1983年から1984年の間に結婚していた。

 2人は、キャリーが『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』撮影中だった1977年に出会い、交際をスタート。その後同棲生活を始めた。当時、キャリーが薬物使用をしていたことが理由で、2人の交際にはトラブルが付きまとったが、1983年には結婚、翌年離婚している。

 離婚後も、10年近く2人は断続的に交際を続け、サイモンはキャリーについて書いた曲「Hearts and Bones」を1983年に発表。同曲には、2人の交際に言及した「愛の円弧は/修復を待っている/二つの体を絡め、一つにする/2人の心と2人の骨を/そうすればほどけることがない」という詞が綴れている。

◎ポール・サイモンによる投稿
https://twitter.com/PaulSimonMusic/status/814077328473096192

関連記事リンク(外部サイト)

キャリー・フィッシャーが60歳で死去、『スター・ウォーズ』共演者たちが追悼
ポール・サイモン、ニュー・トラック 「ストレンジャー」 を突如公開
ポール・サイモン 5年ぶりの新作が遂に完成!「サウンド自体がこのアルバムのテーマ」と語る意欲作に

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。