体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ザ・ウィークエンド、3度目の全米No.1にコメント「努力が評価されて光栄」

ザ・ウィークエンド、3度目の全米No.1にコメント「努力が評価されて光栄」

 ザ・ウィークエンドのシングル「スターボーイfeat.ダフト・パンク」が、2017年1月7日付の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で首位を獲得した。ザ・ウィークエンドにとっては3回目、ダフト・パンクにとっては初のNo.1だ。

 ザ・ウィークエンド、本名エイベル・テスファイは、米ビルボードに対して「自分と自分のチームが“スターボーイ”につぎ込んだ大変な努力が評価されたことは光栄です。ダフト・パンクと共に成し遂げられたことは素晴らしく、ずっと忘れることはないでしょう」とコメントした。

 XO/リパブリック・レコードからリリースされた「スターボーイ」は、ザ・ウィークエンドの同名のアルバムからシングル・カットされた。アルバムは、2016年12月17日付の米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で首位デビューを果たし、ニールセン・ミュージックによると発売から4週間で340,000枚アメリカで売れている。2ndシングル「アイ・フィール・イット・カミングfeat.ダフト・パンク」は現在ソング・チャートで25位まで登っている。

 「スターボーイ」は、同時にHot R&B Songsチャートで13週連続の首位を記録しており、Hot R&B/Hip-Hop Songsチャートでは2位から1位に返り咲き、トータルで7週No.1を記録している。

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・ソング・チャート】ザ・ウィークエンドの「スターボーイ」が遂に1位に!ダフト・パンクにとっては初の快挙
ザ・ウィークエンドがSpotifyで新記録を樹立、1日で最も多くストリーミングされたアーティストに
様々な時代の流行とジャンルが入り交る、聴き手を飽きさせないザ・ウィークエンド『スターボーイ』(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。