体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】TVアニメ『クラシカロイド』劇中登場曲のオリジナルクラシック楽曲を集めた企画盤が堂々の第1位

【ビルボード】TVアニメ『クラシカロイド』劇中登場曲のオリジナルクラシック楽曲を集めた企画盤が堂々の第1位

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、「”ClassicaLoid” presents ORIGINAL CLASSICAL MUSIC No.1」が2位以下を大きく引き離して第1位を獲得。2016年10月よりEテレにて放送されているTVアニメ『クラシカロイド』の企画アルバムで、劇中登場曲のクラシック原曲をまとめた音楽集となっており、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「田園」「くるみ割り人形」など誰もが知る名曲が収録されている。

 第2位には「UHQCDの世界! DENON クラシック・ベスト聴き比べ用サンプラー」がチャートイン。『UHQCD』とは、高価なクリスタルCDに用いられた技術を長年の研究の末に通常CDに応用したもの。同じ楽曲で、このUHQCDの音源と通常CD音源の聴き比べが出来る、安価なサンプラー2枚組CDだ。今後順次UHQCD化が進むにあたり、音質を追求するオーディオファンがテスト的に買い求めたものと思われ、音質評価は上々。今後リリースされるUHQCD音源のチャートインも期待出来そうだ。

 第3位には村治佳織の5年ぶりの新録音『ラプソディー・ジャパン』がチャートイン。これで9週連続でのチャートインとなった。村治佳織の大病からの完全復活を喜ぶファンの熱気を感じさせる連続チャートだ。text:yokano

◎【Billboard JAPAN Top Classical Albums】トップ10
1位『“ClassicaLoid” presents ORIGINAL CLASSICAL MUSIC No.1』
2位『UHQCDの世界! DENON クラシック・ベスト聴き比べ用サンプラー』
3位『ラプソディー・ジャパン』村治佳織
4位『0歳からの育脳クラシック』
5位『ハンス・クナッパーツブッシュ・コレクション Vol.3』ハンス・クナッパーツブッシュ
6位『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番バガニーニの主題による狂詩曲』反田恭平
7位『ショパン:エチュード&バラード』辻井伸行
8位『アヴェ・マリア名曲集~10人の作曲家による』
9位『きよしこの夜~グローリアス・サウンド・オブ・クリスマス』ユージン・オーマンディ
10位『THE BEST』辻井伸行

関連記事リンク(外部サイト)

YOSHIKI×東京フィルハーモニー交響楽団、NYでの歴史的公演を全国の映画館でライブ・ビューイング
日本最大級のポップス・ロック&オーケストラの音楽の祭典【billboard classics festival 2017】の開催が決定。玉置浩二、槇原敬之、Aimer、尾崎裕哉ら豪華アーティストが出演
横山幸雄 デビュー25周年記念リサイタル「何度も演奏している曲は、完成度と即興性をより自然に共存させることができる」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。