体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】SMAP『SMAP 25 YEARS』が断トツで総合AL制覇、人気アニメサントラが2位

【ビルボード】SMAP『SMAP 25 YEARS』が断トツで総合AL制覇、人気アニメサントラが2位

 今週の総合アルバムチャート“Hot Albums”は、トップ4がすべて初登場タイトルとなるフレッシュなチャートになった。そんな中、断トツのポイントで1位になったのは、年内で解散を発表しているSMAPの3枚組ベスト盤『SMAP 25 YEARS』。CDセールスで61万枚以上を売上げ、この部門で大きくポイントを伸ばした。さらに、ルックアップでも1位として総合首位に。フィジカル分野での強さを見せつけた形でチャートを制した。次週以降、セールスは落ち着いてくると予想されるが、注目を集めていた盤なだけにルックアップでは上位をキープするだろう。

 2位に入ったのは、フィギュアスケートを題材にしたアニメ『ユーリ!!! on ICE』のサウンド・トラックアルバム『Oh! スケトラ!!! ユーリ!!! on ICE/オリジナル・スケートソングCOLLECTION』。CDセールスでは、水樹奈々『NEOGENE CREATION』と僅差の戦いを制して2位。そして、ダウンロードでは1位として『NEOGENE CREATION』を突き放し、総合でも2位を獲得した。また、ロングヒット中の宇多田ヒカル『Fantome』やRADWIMPS『人間開花』『君の名は。』は、新作に押されて後退してしまったがトップ10をキープしている。

◎【Hot Albums】トップ10
1位『SMAP 25 YEARS』SMAP
2位『Oh! スケトラ!!! ユーリ!!! on ICE/オリジナル・スケートソングCOLLECTION』
3位『NEOGENE CREATION』水樹奈々
4位『WWDBEST ~電波良好!~』 でんぱ組.inc
5位『Fantome』宇多田ヒカル
6位『人間開花』RADWIMPS
7位『U-KISS JAPAN BEST COLLECTION 2011-2016』U-KISS
8位『君の名は。』RADWIMPS
9位『MCZ WINTER SONG COLLECTION』ももいろクローバーZ
10位『YELLOW DANCER』星野源
※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き

関連記事リンク(外部サイト)

1月2日付 Billboard JAPAN HOT Albums
【ビルボード】SMAP『SMAP 25 YEARS』が61.3万枚セールスで大差、アルバム・セールス1位に
【先ヨミ】SMAP25周年のファンが選んだベストアルバムが約31.8万枚で現在独走中、水樹、ユーリ!!!ら2位は混戦模様

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。