体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【プレイバック2016】ニール・ヤング編~2枚の新作をリリース、来年のツアーは白紙撤回でも“頑固オヤジ”の闘いは続く

【プレイバック2016】ニール・ヤング編~2枚の新作をリリース、来年のツアーは白紙撤回でも“頑固オヤジ”の闘いは続く
2016年もまた、多くのレジェンドがこの世を去った。その一方で、若手顔負けのスケジュールで世界各地を飛び回ったり、コンスタントに新作を発表し続けている大御所もいる。ニール・ヤングもその一人だ。  

 現在71歳のニール・ヤングは、今年だけで2枚のニューアルバムを発表している。1枚は6月にリリースされた実験的ライブ盤『アース』。同作は、自身の最新ライブ音源に、昆虫、熊、鳥、カエル、馬、牛など、地球上のあらゆる生命体の「音」を挿入、神秘的なまでに融和させた芸術性の高い作品。一方、先日リリースされた最新作『ピース・トレイル』は、盟友ジム・ケルトナーとポール・ブシュネルとのトリオ編成によるスタジオ作品となっている。昨年発表の『ザ・モンサント・イヤーズ』では、遺伝子操作の表示義務に反対しているモンサント社への抗議がテーマとなっていたが、この『ピース・トレイル』では、以前から抗議活動をおこなっていた石油パイプライン建設問題を取りあげている。どちらの作品も、ニール・ヤングが熱心に取り組んできた現代社会における諸問題とその根源をあぶり出し、怒り、憂いた作品だ。ヤングはこれらの問題を自身の作品を通して訴えるだけでなく、実際に現場に出向いて継続的に抗議活動もおこなっている。  

 そして、もちろん今年もウィリー・ネルソンの息子たちによるバンド、プロミス・オブ・ザ・リアルとともに精力的にライブ活動を展開してきた。春先にアメリカ国内で数本のライブをおこない、5月には【ニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテージ・フェスティバル】に出演。そして6~7月にかけて欧州で20公演以上におよぶツアーをおこない、続く9~10月には全米ツアーも敢行。さらに、その合間には【ファーム・エイド 2016】や【デザート・トリップ】などのフェスにも出演している。ロックの象徴6組が集結したことで話題となった【デザート・トリップ】では、ポール・マッカートニーのステージに飛び入り、ビートルズの「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」で共演を果たした。2人による同曲のセッションははじめてではないが、途中でジョン・レノンの「平和を我等に」へと楽曲が移り変わっていく展開は、往年のファンにとってあまりにも嬉しすぎるサプライズとなった。さらに、10月には自身が主催する救済コンサートでは、メタリカとの共演もおこなっている。  

 また、ニール・ヤングといえば、近年、Apple MusicやSpotifyなどのストリーミングサービスの音質に異議を唱え、自ら高音質音楽サービス「Pono Music」を立ち上げ、従来のサービスから自身の音源を引き上げるなど徹底した対決姿勢をみせていた。しかし今年、従来のストリーミングサービスにおいて、ニール・ヤング楽曲がふたたび提供されることになった。「Pono Music」は現在サービス停止中、展開に暗雲が立ちこめているとも噂されるだけに、ファンは喜んでいいのやら悲しんでいいのやら、微妙なところではあるが…当然、彼にも考えがあってのことだろう。実際に「Pono Music」において、高音質ストリーミングサービスの計画が進んでいるという情報も。次なる一手に期待したい。  

関連記事リンク(外部サイト)

【プレイバック2016】リンゴ・スター編~伝説の武道館から50年、ピース&ラヴに溢れた来日公演で日本のファンを魅了&ビートルズ初の“ひいおじいちゃん”に
【プレイバック2016】ポール・マッカートニー編~新ツアー開催とソロ・キャリアを網羅したベスト盤の発表、古巣キャピトルへの復帰も
【プレイバック2016】ボブ・ディラン編 ノーベル文学賞受賞も終わりなきツアーへの影響なし、来日通算100公演も達成

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。