体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【米ビルボード・アルバム・チャート】高セールスを叩き出した『ペンタトニックス・クリスマス』が堂々の首位をマーク

【米ビルボード・アルバム・チャート】高セールスを叩き出した『ペンタトニックス・クリスマス』が堂々の首位をマーク

 ペンタトニックスの『ペンタトニックス・クリスマス』が、登場9週目で遂に首位に輝いた、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 集計期間がクリスマス・ウィ―クだったこともあり、週間セールス20万枚という高セールスを叩き出し、遂にNo.1に到達した、アカペラ・コーラス・グループ、ペンタトニックスの『ペンタトニックス・クリスマス』。本作は、ペンタトニックス2作目のホリデー・アルバムで、2014年にリリースした1作目『ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー』も、今週5位に粘り強くランクインしている。ペンタトニックスが首位を獲得するのは、2015年10月にリリースした4thアルバム『ペンタトニックス』に続く、2作目。オーストラリアやカナダでも、TOP5入りを果たしている。

 続いて、2位に浮上したのは、ブルーノ・マーズの3rdアルバム『24K・カラット』。12月10日付アルバム・チャートで、メタリカの新作『ハードワイアード…トゥ・セルフディストラクト』(今週8位)に拒まれ、惜しくも2位デビューとなった本作だが、登場5週目にして、再び2位にランクアップし、週間セールスは11万枚を突破した。先行シングル「24K・カラット」(今週4位)も好調で、年末年始は全体的にセールスが落ち込むことから、返り咲きの首位獲得も期待できるかもしれない。

 そのメタリカは、先週の11位から8位に、再びTOP10入りを果たしている。また、カントリー・シンガー、ガース・ブルックスの10枚組ボックスセット『ザ・アルティメイト・コレクション』も、先週の13位から6に位ランクアップした。ホリデーシーズンは、ギフト用に通販サイトや配信サイトなどでセールを行うため、注目のアルバムが安く購入できる。パッケージ(CD)が売れるアーティストは、こうしたセール期間に売上を伸ばすことが多い。

 一方、ストリーミング(視聴回数)が強いア―ティストは、セール期間に関係なくロング・ヒットを記録する。2位のブルーノ・マーズや3位のザ・ウィークエンドも、ストリーミングが強い。ザ・ウィークエンドの『スターボーイ』は、登場4週目で週間セールス10万枚を突破し、先行シングル「スターボーイ」が、今週のソング・チャートで 遂に首位に到達した。アルバムの累計は70万枚近いセールスを記録している。

 11位には、オハイオ州出身のラッパー、キッド・カディの新作『パッション、ペイン&デーモン・スレイン』が初登場。前作、『スピーディン・ブレット・トゥ・ヘヴン』(2015年)から1年ぶり、通算6作目となるスタジオ・アルバムで、前作の36位から大きくランクアップはしたが、TOP10入りは逃した。キッド・カディは、4作目まで全てのアルバムがTOP5入りしていたが、シングル曲が上位にランクインしなくなったこともあり、アルバムの売上も落としている。

 16位には、アラバマ州出身のラッパー、グッチ・メインの『ザ・リターン・オブ・イースト・アトランタ・サンタ』がデビュー。本作は、2016年3枚目となるアルバムで、タイトルやジャケット・アートからもお分りの通り、ホリデー・シーズンを意識した内容になっている。グッチ・メインは、11月からソング・チャートで6週間のNo.1を獲得した、レイ・シュリマーの「ブラック・ビートルズ」にフィーチャリング・ゲストとして参加している。

 次週は、12月25日に死去した、英国出身のスーパースター、ジョージ・マイケルのベスト盤や過去のアルバムなどが、リエントリーすることが予想される。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、28日22時以降となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『ペンタトニックス・クリスマス』ペンタトニックス
2位『24K・カラット』ブルーノ・マーズ
3位『スターボーイ』ザ・ウィークエンド
4位『4・ユア・アイズ・オンリー』J.コール
5位『ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー』ペンタトニックス
6位『ザ・アルティメイト・コレクション』ガース・ブルックス
7位『ハミルトン』サウンドトラック
8位『ハードワイアード…トゥ・セルフディストラクト』メタリカ
9位『ブルー&ロンサム』ザ・ローリング・ストーンズ
10位『モアナと伝説の海』サウンドトラック

関連記事リンク(外部サイト)

1月7日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
1月7日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
『12月25日はなんの日?』メリー・クリスマス!2016年ホリデー・アルバム、全米チャート戦線はペンタトニックスの圧勝

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。