体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『12月28日はなんの日?』レミー・キルミスターの一周忌、いまだ追悼のアクション絶えず

『12月28日はなんの日?』レミー・キルミスターの一周忌、いまだ追悼のアクション絶えず

 今から1年前、2015年12月28日にモーターヘッドのフロントマンであるレミー・キルミスターがこの世を去った。

 HR/HMシーンにおいて唯一無二の存在感を誇るレミーの存在は、ファンだけでなく多くのアーティストにも影響を与えてきた。この1年、そうしたフォロワーたちによるレミー追悼のアクションが無数に起こされ、なかでもモーターヘッドの代表曲「エース・オブ・スペーズ」は、この1年で多数のアーティストにパフォーマンスされた。レミー追悼のアクションは音楽業界のみならず、飲食業界でもレミーが愛飲していたジャックダニエル×コーラ、いわゆるジャックコークの名称を「レミー」とするよう呼びかける動きが起こったり、行きつけのバーに銅像が設置されたり、ドイツでレミーの切手が発売されたりと数えあげればきりがない。

 そして、11月にはメタリカがレミーに捧げる新曲「Murder One」を発表、一周忌を前に共演シーンや過去のインタビューなどをまとめた特別映像も公開している。また、日本国内でもレミーのドキュメンタリー映画『極悪レミー』の一周忌追悼上映が12月30日までシネマート新宿で、12月28日限定でシネ・リーブル梅田、名古屋シネマテークでも上映される。

◎Metallica and Lemmy – A Tribute to the One and Only
https://www.youtube.com/watch?v=HtFZ2wTGX_c

関連記事リンク(外部サイト)

モーターヘッドの故レミー・キルミスター、正式な死因が明らかに
急逝したモーターヘッドのレミーのドキュメンタリー映画『極悪レミー』が追悼上映決定
モーターヘッドのレミー・キルミスター、70歳で死去

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。