体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なんだか鼻が臭う…!部位別、注意すべき鼻の臭いと正しいケア

なんだか鼻が臭う…!部位別、注意すべき鼻の臭いと正しいケア
なんだか臭うな…と思った時、自分の鼻自体が臭っている!という場合があります。

今回は医師の建部先生に、以下鼻の部位ごとに、その臭いの原因や考えられる疾患を解説していただきました。
1. 鼻の中が臭う
2. 鼻の下が臭う
3. 鼻の脇が臭う

1:鼻の中が臭う

なんだか鼻が臭う…!部位別、注意すべき鼻の臭いと正しいケア
日本人は、諸外国の方々と比べて比較的臭いに敏感だと言われます。 今回は、まだ未解明な部分も多く、ご心配される方もいらっしゃる鼻の臭いについてお話しします。

まず、鼻の中が臭い=鼻臭ということでを整理しご説明させていただきます。

鼻臭という状態は鼻息が臭う状態をいい、
他臭症:他人にも臭いがわかる状態
自臭症・幻臭症:自分は臭いがわかるが他人にはその臭いがわからない状態
とに大別できます。

この2つに分けて説明をいたします。

鼻の中が臭う、原因と疾患(他臭症の場合)

なんだか鼻が臭う…!部位別、注意すべき鼻の臭いと正しいケア
他人にも臭いがわかる他臭症の場合、病気の有無によって原因が分けられます。

鼻に何らかの病気がある場合

風邪やアレルギーによる鼻粘膜の持続的な炎症(慢性鼻炎)の拡大により、 以下の2つの病状が疑われます。

■(悪臭性)萎縮性鼻炎

鼻の粘膜が萎縮し薄くなる変化が鼻腔内に広がり、さらに乾燥が進み、瘡蓋(かさぶた)が大量にできてしまうことで、鼻臭の原因となります。

■慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

鼻腔内の炎症が鼻の奥の副鼻腔にまで到達し慢性化する結果、膿とその貯留を生じ、鼻臭の原因となります。

なお、溜まった膿による粘膜肥厚も起こりうるのでその場合は、膿の排泄がさらに困難となり悪循環となります。

また、花粉やハウスダスト、ダニ、ペットなどによるアレルギー性鼻炎も炎症が習慣化することが多く、副鼻腔の炎症に注意が必要です。

鼻に何の病気もない場合

以下のような原因から強い口臭が発生する結果、その臭気が鼻へ漏れることで鼻臭が生じていることが多いです。

■薬剤性による口臭

身近な例では、肉体疲労時にニンニク注射をクリニック等で受けられた場合、その薬剤成分であるアリナミンの作用により、ニンニク臭をごく短時間(60分程度)ながら鼻臭・口臭のかたちで感じられます。

■肺や胃など内臓疾患による口臭

重度の肺腫瘍や肺がん、肺への感染が重症化した膿胸、といった疾患では肉が腐ったような腐敗臭が、鼻臭・口臭のかたちで感じられます。

また、肝硬変に伴う高アンモニア血症では、きつい尿臭(まさにアンモニアの臭い)が、同じく鼻臭・口臭のかたちで感じられます。

さらに、暴飲暴食で胃の働きが鈍ると、時間消化されずに胃に残ってしまった食べ物が異常発酵を起こし、悪臭を放つため、同様に鼻臭・口臭を自覚することがあります。

■歯科、口腔疾患による口臭

虫歯や歯槽膿漏(しそうのうろう)、それに伴う歯性上顎洞炎、義歯のケア不足、ドライマウスなどによって鼻臭・口臭が感じられます。

鼻の中が臭う、原因と疾患(自臭症・幻臭症の場合)

なんだか鼻が臭う…!部位別、注意すべき鼻の臭いと正しいケア
自分は臭いがわかるが他人にはその臭いがわからない(自臭症・幻臭症)の場合、その多くが身体的な問題や疾患が無く自分自身の強い思い込みが原因です。

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。