体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一生に一度は行ってみたい、ヨーロッパの美しい温泉地5選

寒くなってくるとやっぱり恋しくなるのが温泉。温泉といえば国内のイメージが強いですが、実はヨーロッパにも温泉が楽しめる場所が少なからずあります。ヨーロッパで訪れてみたい5つの温泉地をご紹介しましょう。

アイスランド

冬だからこそ楽しみたい!ヨーロッパの温泉地5選

北欧に位置する、氷河と火山の国アイスランド。「世界でもっとも水と空気がキレイな国」といわれる島国です。北緯63~66度という位置やその国名から、「非常に寒い国」というイメージを持たれがちですが、暖流の影響で冬でもマイナス2℃程度までしか気温が下がりません。間欠泉や氷河、フィヨルドといったアイスランドのダイナミックな自然は、世界の人々を魅了しています。

冬だからこそ楽しみたい!ヨーロッパの温泉地5選

そんなアイスランドで楽しめるのが、温泉とオーロラのコラボレーション。火山が多いアイスランドは温泉天国で、首都レイキャビク周辺にもたくさんの温泉プールがあります。その代表格が、ツヴァルシェンギ地熱発電所に隣接する「ブルーラグーン」。その名の通り青い温泉で、露天風呂としては世界最大規模を誇ります。

ブルーラグーン周辺はオーロラスポットとしても有名で、9月~3月のオーロラのシーズンなら、運が良ければ温泉につかりながらオーロラ鑑賞ができるかもしれません。

冬だからこそ楽しみたい!ヨーロッパの温泉地5選

さらにブルーラグーンの白泥は美容効果が高く、肌がすべすべになると評判で、いたるところで泥パックをしながら入浴する人々の姿が見られます。アイスランドの温泉は、スケール感や自然の神秘を感じたい方にぴったりです。

バーデン・バーデン(ドイツ)

冬だからこそ楽しみたい!ヨーロッパの温泉地5選

ドイツの高級温泉保養地として知られているのが、バーデン・バーデン。ドイツ南西部の黒い森地方に広がる「黒い森温泉街道」を代表する温泉地です。「バーデン」とはドイツ語で「入浴(する)」という意味で、紀元80年ごろからこの地を支配していたローマ人によって温泉が造られました。

バーデン・バーデンは、19世紀に、ビスマルクやヴィクトリア女王、ナポレオン3世やドストエフスキー、ブラームスといった王侯貴族や文化人が滞在した由緒ある温泉地。優雅な雰囲気を残す落ち着いた街並みは、日頃の忙しさを忘れてゆったりと自分を解放するのにぴったりです。

冬だからこそ楽しみたい!ヨーロッパの温泉地5選
(C)Haruna Akamatsu

水着で入浴できるカラカラ浴場には、アロマミストサウナをはじめ、23か所から湧き出る温度の異なる7種類の浴場があり、レジャー施設感覚で楽しむことができます。

冬だからこそ楽しみたい!ヨーロッパの温泉地5選
(C)Haruna Akamatsu

一方、1872年にローマ浴場跡に建設されたフリードリヒス浴場は、フレスコ画や大理石で彩られたヨーロッパでも屈指の豪華な浴場。ローマ式の伝統的な入浴法を受け継いでおり、決められたステップを守りながら2時間かけて入浴します。

バーデン・バーデンの街には質の高い美術館もあるので、文化や芸術に触れながら優雅なひとときを過ごしてみては。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい
一生に一度は行ってみたい!世界の小さな美しい国5選
一生に一度は行ってみたい、大切な人と訪れたい世界の美しい旅先6選
一生に一度は行ってみたい、世界の美しい城10選
一生に一度は泳いでみたい!世界規模ですごいプール5選
一生に一度は泊まってみたい!モルディブのラグジュアリーホテル5選

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。