体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「探索」が楽しいサンドボックスゲーム『ASTRONEER』 おもちゃ箱のようなかわいい宇宙を冒険しよう

image09
 
キュートな宇宙服のキャラクターがポップな荒野を行く『ASTORONEER』は、ゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて、2016年12月16日に配信がはじまったばかりの早期アクセスタイトルです。早期アクセスの初期とはいえ十分に遊べる内容となっており、今から注目しておきたい一品です。実際、わずか半月の販売期間で2016年のSteamセールスのトップ100に入るほどで、その注目ぶりがうかがえます。今回は『ASTRONEER』がどういうゲームなのかを紹介していきましょう。

『ASTRONEER』 は、宇宙の辺境を舞台としたサンドボックスタイプのゲームです。自由な遊び場を提供してくれる『Mincraft』のようなサンドボックスゲームで、かわいらしいビジュアルもあって、まるでおもちゃ箱をひっくり返したかのよう。とはいえ、舞台は宇宙。厳しい環境が待ち受けています。しかし、だからこそ「探索」の楽しさがあるというものです。

ゲームを開始するとまず目を奪われるのがタイトル画面。実はこれ、そのままキャラクターセレクト画面になっています。4タイプの宇宙服から好きなものを選ぶと、そのまま着陸船が発射されて惑星の地表へ。なんとステキな旅のはじまりでありましょう。

image03
 

探索に説明など不要

さて、未知の惑星に降り立ったら次は何をしよう? そう考えるプレイヤーに対し、このゲームは何の説明もしてくれません。地形を吸い込んだり吐き出したりする掃除機みたいなツールの操作方法や吸い込める素材アイテムの目星など、最低限の誘導はしてくれますが、具体的な説明はまったくありません。ちなみに本作は日本語化されています。やや怪しいところもありますが困ることはないでしょう。どっちみちテキストの説明はないのですから。

image10
 
こうして、説明のないまま未知の惑星に放り込まれたプレイヤーは、すべてを手探りで進めることになります。どこへ行けばいいのか? どれが素材なのか? 素材から何が作れるのか? 作ったもので何ができるのか? 実はこの「手探り感」が本作の楽しさの1つ。すでにここから「探索」がはじまっているのです。

厄介なのが、ゲームの操作にも手探り感があるところ。操作性が悪いわけではないのですが、ちょっと特殊な操作系になっているので気付けないと困惑してしまうかも。具体的にXbox 360のパッド基準で話しておくと、LTで選択用のカーソルが表示され、RTで決定となっています。たしかに特殊な操作系ではあるものの、実際に触ってみれば意外とすぐに慣れるはず。(Backボタンで操作説明一覧が表示できます、念のため) どうしてこんな操作になっているかといえば、ゲーム的なUI表示を極力抑えたデザインになっているからです。

image01
 

探索にUIも不要

『ASTRONEER』のゲーム画面には、体力ゲージやミニマップなど、ゲーム的なUI表示が一切ありません。かわりに、バックパックがそのままインベントリ(アイテム収納スロット)になっていて、8つのブロックにアイテムを挿し、2つのブロックにモジュールを挿して拡張していけます。バックパックに「カチッ」とアイテムを挿す感触は小気味よくて気持ちいい。

image02
 
それから上記画像のうち、画面右のバックパックにおける青い部分が酸素ゲージ、黄色い部分が電力ゲージになっていて、なんだか『DEAD SPACE』のよう。酸素がなくなればもちろん窒息死。着陸船の近くであれば自動的にケーブルが接続されて酸素も電力も供給されるのですが、離れてしまえばみるみる酸素が減ってすぐに死んでしまいます。では、どうすれば探索に向かえるのか?

酸素と電力は必要

遠出するならケーブルを伸ばせばいいじゃない。ケーブルの延長するために、テザーと呼ばれる杭を設置していきます。1本1本の有効距離は短いので、何本も使って少しずつ伸ばしていきます。テザーのあるかぎりどこまでも伸ばしていけるので、山の上だろうと洞窟の中だろうと踏破できるのです。未踏の地にテザーを打ち込みながら進む「探索感」と、テザーで築いた足跡を振り返る「達成感」。これこそが『ASTRONEER』の楽しいところです。どこまで探索したのかが視覚的にわかるって素晴らしい。

image04
 
こうしてできあがったテザーの”道”は、マップやレーダーのない本作において、そのまま道標の役割も兼ねています。バックパックの酸素タンクを増設すればテザーなしでも長距離移動できるのですが、目印のない荒野ですから、あっという間に宇宙の漂流者になりかねません。死んでしまっても死亡地点へ戻ればバックパックを回収できるとはいえ、あんまり遠いと大変です。素直にテザーを打ち込みましょう。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。