体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ほとんどのデザイナーが気付いていない「UXの4つの間違い」とは

本稿は、Webdesigner Depotのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。本記事は、HooktoWin.comの共同設立者であるAndrew McDermott氏によって投稿されました。

 

デザイナーは不可能を可能にすることを期待されます。

信じられないほど複雑なプロセスを、シンプルで美しいものに作り変えるよう求められることも、何度もあるかもしれません。そして成功したときには、ロックスターになったような気分を味わえるでしょう。

しかし、こうした大きな期待に応えられなかったときには、ひどく落ち込むかもしれません。デザイナーには完璧主義者の人が多く、自分自身が自分に対する最悪の批評家であることもよくあります。間違いを自分の責任と見なして、全てを台無しにしてしまったかのように思うこともあります。

 

それでも、落胆するような状況において間違いを受け入れることで、これを成長と学びの機会とすることができるはずです。

もし本当のことをお伝えするとしたら……

デザイナーが気づいていない真実:間違いのほとんどは、デザイナーの責任ではありません。辛い現実:いずれにしても、デザイナーは責任を負うことになります。

デザイナーに不足しているのは、人についての知識

新規の仕事やプロジェクトにおける、デザイナーの目標設定の仕方が、間違いの原因というわけではありません。ほとんどの場合、実際はその逆です。デザイナーは、多くの人が気にしないような細部のデザインまで、こだわりを持って熱心に取り組みます。神は細部に宿ることを知っているからです。

問題となるのは、人についての知識が不足しがちなことです。これは、デザイナーが学校で教えられないことですが、仕事に大きな影響を与えます。

もしデザイナーが正規の(または非正規の)教育を受けていれば、その過程で自分独自のデザインを究めることを求められます。また、デザインの原則、デザインと配色の関係、色彩なども学びます。しかし、これだけでは十分ではありません。

デザインや美術について教育を受けることはあっても、人について深く学ぶ機会はありません。こうした理解不足は、デザインに影響し、ひいては予期しないUXの間違いの原因となります。デザイナーに不足しているのは、人についての知識なのです。

 

UXの間違い1:ユーザーが実際以上に多くを知っていると思い込むこと

デザイナーは合理的な人々です。インターフェースの設計に多くの時間を費やすため、デザインがWeb上でどのように機能するかを直感的に理解しています。

「これは常識だ!」とデザイナー自身が思っていても、実際はそうではないこともあります。デザイナーにとっての常識が、ユーザーにも通用するとは限りません。デザイナーは設計に多くの時間を費やしているために、よく知っているだけなのです。

また、デザイナーがプロフェッショナルであるのに対して、ユーザーが同等の専門性を備えていないこともあります。こうした理由から、ユーザーに対して次のように仮定するのは、間違いです。
適切な質問を選ぶことができる
設定の操作について理解している
アイコン、マーク、ロゴの意味を知っている
コンテンツに意識を集中し続けることができる
Webサイトで提供している指示をよく読んでそれに従う
必要とするコンテンツの見つけ方を知っている

 

問題の核心が見えてきたでしょうか?デザイナーがこのように仮定すること自体は合理的ですが、問題を引き起こすおそれがあります。なぜなら、こうした仮定は現実に基づいたものではないからです。
利用方法が全く分からないユーザーもいます
ユーザーの中には設定の操作が初めてという人もいます
あなたの設計したサイトを、乱雑で混乱するようなデザインだと思うユーザーもいます
関心が他に向いているマルチタスク型のユーザーは、コンテンツに集中するほど時間がありません
指示に従うのを拒むユーザーもいます
ほとんどのユーザーは、見ているコンテンツについて詳しく知っていません

こうした場面でデザイナーに求められる仕事は、「迷える羊の群れを、頭数を減らして束ねる」ことです。

条件に合うユーザーだけを選び抜き、意図したプロセス通りに彼らがサイトを利用できるような設計にします。その他の条件に合わないユーザーは、除外します。

 

UXの間違い2:ユーザーのためのデザイン

31750425 - paris, france - september 20, 2014: an iphone 6 smartphone stands on display inside an apple store with a mother and her daughter admiring other iphone 6

「ユーザーのためのデザイン」は、ここ数年で繰り返し提言されているアドバイスで、頭にたたき込まれているデザイナーも多いかもしれません。デザイナーは、ユーザーのニーズをよく理解して、ユーザーを中心にデザインするよう教えられています。

しかし、このアドバイスには見落としている点があります。「なぜ?」と不思議に思うかもしれません。見境なく教え込まれているアドバイスですから。

その見落としている点とは、必ずしも全てのユーザーがターゲット・オーディエンス(Target audience:広告やマーケティングにおいて、目標とする顧客)と一致するとは限らないことです。サイトを利用しているユーザーが、「求めているユーザー」像と一致しないことがあるのです。

 

例として、Googleを考えてみましょう。

Googleは、そのエネルギーや注意の大半をユーザーに向けています。Googleにとってのユーザーとは、検索者です。検索者により良いユーザー体験を提供するために、多くの時間と巨額の資金を投資しているのです。

 

しかし、検索者がGoogleの唯一のユーザーでしょうか?実は、その他にもGoogleのユーザーは存在しています。
広告主:Googleは広告主が自らの命令に従うことをよく知っています。Googleは、広告主やサイト運営者に対してポリシーを公開しています。もし彼らがGoogleのポリシーに違反して、好き勝手に利用するとしたら、広告掲載やサイトは強制停止されます。
ボット(クローラ):Googleは、ボットなどによってサイト上で「通常以上のトラフィックが検出」された場合に、これをブロックします。検索している主体が人間でも、誤検知(False positive)によりブロックされてしまうこともよくあります。
詐欺者:Googleは詐欺サイトもブロックしています。例えば、偽のダウンロードボタンをクリックすると、ランサムウェア(ransomeware)がコンピュータにインストールされるよう仕組んであるサイトなどです。
検索者:Googleの検索エンジンの利用者です。このユーザーたちこそGoogleに利益をもたらしています。彼らが広告をクリックしたり、アプリケーションを利用したり、ソフトウェアをダウンロードすることで、Googleに収益が発生する仕組みになっています。

1 2次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。