体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

携帯性と音質を高いレベルで両立したBluetoothスピーカー「Omaker M6」のレビュー

モバイル機器向けのアクセサリーブランド Omaker から新発売となったポータブルワイヤレススピーカー「Omaker M6」のレビューをお届けします。Omaker M6 は 3.5W のデュアルドライバーを搭載した小型 Bluetooth スピーカーです。パッシブラジエーター付きなので、小型スピーカーながらも低音がよく響きます。また、大きめのストラップホールを搭載しており、カナピラなどに取り付けて持ち運ぶこともできます。携帯性と音質を上手く両立した製品だと言えます。M6 はアウトドア向け製品でもあるので、IPX5 の防滴に対応しています。また、M シリーズに新たに導入された TWS 機能を利用すると、2 台の M6 でステレオ環境を構築できます。M6 の対応するワイヤレス規格は Bluetooth v4.0 で、連続駆動時間は 12 時間となっています。バッテリーは Micro USB で充電可能です。モバイルバッテリーに接続しても充電できます。外装はプラスチック素材を多用していますが、全体的に完成度が高いのでチープな印象は感じませんでした。ただ、外観がスポーティなので、特にアンティーク調のインテリアには合わせにくいと思います。全体的な大きさは 5.5 インチスマートフォン並みと言った感じです。隣に置いた Xperia XZ と見比べるといかにコンパクトなのかが分かります。前面には、目の細かいメッシュ構造となっています。背面も同様に、全体的にメッシュ構造となっており、ここから低音部分が流れます。ちなみに、背面を下にしてテーブルやデスクに置くとその部分が音で振動します。操作ボタンは上部に集約されています。各ボタンは比較的大きいので、手袋をしたままでも余裕で押せます。M6 の大きな特徴と言えるストラップホールは写真の通り、かなり大きく、通常のストラップのほか、ロープに通したり、フックやカナピラに取り付けることもできます。バッグと一緒に持ち運んだり、家のどこかに吊るして設置または保管することもできます。この点が M6 の大きな特徴です。M6 の音質は、価格やスピーカー仕様を考慮すると、数万円もするハイエンド機には劣りますが、ベースやスネアなどの低音がこの大きさにしてはよく響くので、手頃な価格でそこそこの質の音楽鑑賞を希望する方には最適です。スピーカーの音量も大きいので、屋外の小規模パーティーで使用する用途なら適していると思います。今回は 1 台だけを使用したので、TWS 機能は試していません。スピーカー自体は満足度の高いものだったので、もう 1 台買って試してみようかと思っています。なお、Omaker M6 は国内の Amazon において 1 月 5 日前後に発売される予定です。米国では既に発売済みで、定価は $129 ですが現在は $34 で販売されているので、国内では 4,000 前後で販売されると予想されます。Source : Amazon

■関連記事
Nintendo SwitchがFCCの認証を取得
Google Playミュージックが「明けましておめでとう2017」カテゴリでお正月向けプレイリストを配信開始
「ASUS Chromebook Flip C302CA」には現時点でGoogle Playはサポートしていない模様

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。