体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

布袋寅泰、35周年のラストライブとなる日本武道館公演が大盛況

布袋寅泰が12月30日、35周年アニバーサリー・イヤーを締めくくるスペシャル・ライブ『【BEAT 8】Climax Emotions ~35 Songs from 1981-2016~』を日本武道館でおこなった。
12月30日@日本武道館 (okmusic UP's)
感想を一言で述べるならば“奇跡の夜だった”。自身がメンバーだったバンド BOØWYやCOMPLEX時代を含む、現在までに発表した全楽曲の中から永遠のマスターピースである35曲を厳選し、自身のヒストリーを3時間半にわたって猛スピードで駆け抜けた驚異のライブ。通常のコンサートでいうところのラスト3曲の盛り上がりが、オープニング1曲目から7曲目まで続き、さらに18曲目から本編ラスト30曲目まで続くといえば、その凄さが伝わるだろうか? しかも、布袋の場合、疾走感ある骨太なビートチューンばかりが続くのだ。フルマラソン以上? とんでもない運動量だろう。まるでトライアスロンのような鉄人っぷりを発揮したステージだった。

なぜ、そこまで自分を追い込み、オーディエンスの期待を上回るロックンロールを追い求めるのか? その答えは本文後半、ライブ最後のMCまでとっておこう。

2016年には、パリ~アムステルダム~ベルリンを巡ったヨーロッパ・ツアー、初のロサンゼルス公演、3年ぶりのニューヨーク公演を成功させ、盟友であるイタリアのシンガー・ズッケロの英ロイヤル・アルバート・ホール公演でギタリストとして憧れの地に立つなど、海外の音楽ファンにもその名をアピールしてきた布袋。2017年、さらなるネクストな目標へ突き進むためのターニング・ポイントとなるが本公演だった。今晩で40回目という日本武道館では、開演前から熱いオーディエンスからの“布袋コール”が鳴り止まない。まさにClimax Emotions = “最高潮の感情”が、はやくも爆発寸前だ。

オープニングSE“ベートーヴェン交響曲第9番『歓喜の歌』ギター・ヴァージョン”とともにメンバーが登場。そのまま「SUPERSONIC GENERATION」(1998年)のハンマービートが鳴り響く。超音速のビートに乗って時空を越えていくデジタライズされた未来派ロックンロールの登場だ。続いて、会場がどよめきを隠せないイントロダクション「B. Blue」(1986年)が聴こえてきた。様々な記憶が蘇り、鳥肌がたつ瞬間だ。2016年春、BOØWY時代の盟友 氷室京介の最後のライブが東京ドームでおこなわれた。「B. Blue」がラストナンバーだったのだ。“乾いた風にかき消されて”という歌詞が、群馬時代を描いたヒストリカルな最新ビート・チューン「8 BEATのシルエット」(2016年)ともシンクロする。

ブリティッシュ・ロックの香り漂うロックンロール「RADIO! RADIO! RADIO!」(1991年)で会場はひとつに。さらにBOØWYセルフカバー「Bad Feeling」(1985年)から、COMPLEXセルフカバー「BE MY BABY」(1989年)へと続き、まったく勢いが止まらない。このままでは、35曲をやりきれるのかと心配になってくるほどに、最初からクライマックスな瞬間の連続だ。

イントロに耳を疑った、BOØWY傑作アルバム『JUST A HERO』(1986年)収録のダンサブルなロックチューン「Dancing In the pleasure land」(1986年)のセレクトに驚かされた。通路を挟んで隣にいた男子が“この1曲が聴けるだけで1万5千円払ってもいいゼ!”と熱量高めに叫んでいたのが微笑ましくも忘れられない。

35年分の感謝を布袋がMCで語る。「ハロー・トウキョウ!会いたかったぜ。ようこそ宇宙一のロックンロール・ショーへ!今日は35周年アニバーサリー・ファイナルですね。今年は【BEAT1】から2,3,4,5,6,7,8(※8つの異なるプロジェクト展開。その一つ一つに布袋の原点が込められていた)。様々な形態で、世界中いろんな人々と触れ合って自分の35周年を、身体で指先で確認する大切な年でした。いよいよファイナルのステージまできました。今日はきっと日本全国から日本武道館に集まってくれたと思います。ありがとう。言葉にならない思いを、音楽でみんなに伝えたい。そんな気持ちでステージに立っています。今日は宇宙一のジェットコースターをお互い楽しみましょう!」。

ダンサブルな「さよならアンディウォーホル」(1992年)。ライブならではの昂揚感で激しく煽りまくる「CAPTAIN ROCK」(1996年)など、究極のベスト選曲が続いていく。セットリストを見るだけで興奮が止まらない夢のような時間だ。「“35周年なんで35曲やるぞ!”と、誰に言われたわけでもなく自分で言ってしまったんですけど(苦笑)、途中でちょっと後悔もしました(苦笑)。なんといっても名古屋でしょ、神戸でしょ、今日で3日目ですから、3日間で105曲でしょ。まぁ40周年で40曲とか言わないようにします(苦笑)。」とユーモアを織り交ぜ、会場を和ませてくれる。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。