体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

よりディープな旅を求める人におすすめ!エジプト観光マニュアル(上級編)

Photo Credit:Yasuko Kimura「初海外個人旅行でエジプト周遊19日間!その2カイロ・ダハブ・砂漠・アレキサンドリア編」

Photo Credit:Yasuko Kimura「初海外個人旅行でエジプト周遊19日間!その2カイロ・ダハブ・砂漠・アレキサンドリア編

こんにちは。Compathy Magazineライターyuichiです。
エジプト観光のマニュアル、今回は上級編を紹介します。私が何度かエジプトを訪ねる中で、エジプト訪問一回目ではやらないであろうことを記載してみました。最初の旅から訪れた方はいるとは思いますが、あくまで一般的なエジプトツアーには含まれていない場所です。

白砂漠(バハレイヤオアシス)

バハレイヤオアシスはまさに秘境。カイロを出発してからバスで約5時間。バフレイア・オアシスに到着したあと、4WDに乗り換えます。なんと砂漠でのキャンプを行うのです! なんといっても醍醐味は砂漠での満点の星空と、自然の力によって風化された奇岩群です。

コースは黒砂漠→クリスタル・マウンテン→白砂漠(キャンプ)。少々ハードな旅にはなりますが、行く価値は大いにあります。エジプト通の方、ぜひご検討ください。

Yasuko Kimura「初海外個人旅行でエジプト周遊19日間!その2カイロ・ダハブ・砂漠・アレキサンドリア編

コシャリを食す!

Photo Credit:Tomoya Sato「エジプト」

Photo Credit:Tomoya Sato「エジプト
エジプトのソウルフードといわれる「コシャリ」は通常のグループツアーでは、おそらく絶対に食べることはありません。私は友人との個人旅行でこの食べ物と出会いました。一人前約100~200円。とにかく安いです。しかし「うまい!」のです。

ショートパスタ、お米、ひよこ豆にレンズマメがたくさん入ったトマトベースのソースをかけ、フライドオニオンをトッピングしていただきます。エジプトの庶民食でお腹をこわす人もいますので、自分の体調と相談してから食べるようにしましょう。

Tomoya Sato「エジプト

アレキサンドリア

Photo Credit:Yuichi Kudo「古代エジプトを辿る ナイル川クルーズの旅」

Photo Credit:Yuichi Kudo「古代エジプトを辿る ナイル川クルーズの旅
カイロから車で約3時間、北西に走ったところにあるアレキサンドリアの街。ここは地中海沿岸部の街で、かつてアレキサンダー大王が築いた街として知られています。正直に言うと観光資源には乏しいところです。

しかしアレキサンドリアはギリシアのマケドニア王であったアレクサンドロス大王によって、紀元前332年に建設された歴史ある街。アレクサンドロスの死後は、その部下だったプトレマイオス1世がエジプトを支配し、古代エジプト最後の王朝であるプトレマイオス朝の首都として発展しました。

一時は人口100万人を超えたとも言われており、「世界の結び目」とも呼ばれていたそうです。アレキサンドリアの博物館に行けば、歴史好きの方はきっと発狂するでしょう!

Yuichi Kudo「古代エジプトを辿る ナイル川クルーズの旅

エジプト」へ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。