体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地味にすごい!そして役に立つ「もち」の魅力を再発掘

年末恒例、「町内会のもちつきに行ってきたよ!」という話を周囲にしたら、「中止にならなかったんだ」と反応が。ノロなどを理由に「もちつきがなくなる?」とひと騒動あったようですが、我が町内会、特に注。

事項もなく、つきたてのお餅をお腹いっぱい食べてきました。町内会の役員さんの話では、もちつきの本当のねらいは、「災害時の炊き出しの練習」だそうなので、なおさら、時流に流されないで存続してほしいものです。今回はそんな話題の「もち」の魅力に迫る!

 

家族や地域の絆を深めるのに欠かせない

 

おもちを食べる時期といえば圧倒的に年末年始、ではないでしょうか。総務省の家計調査でも、「もち」の世帯年間購入数量約2400gのうち、12月が約1500gと圧倒的に多く、1月と合わせると8割近くを占めています。我が家では大晦日にもちつき機でもちをつき、雑煮におしる粉に、三が日は餅三昧でした。餅って外食で食べるようなものでもないし、一人で焼いて食べるイメージもあまりないし、家族団らんの象徴でもありますよね。

 

サミットやチャンピオン決定戦がある地域も!

DIME(ダイム) 2016-06-16 発売号
Fujisan.co.jpより

 

岩手県一関市では「全国ご当地もちサミット」が開かれていて、5回目になる今年は26団体が参加。1位は静岡県伊豆市の「黒みつきなこアイスモッフル」。モチとワッフルをあわせた「モッフル」、まだ食べたことがないのでどんなものか気になりますが、もち系のスイーツってあまりハズレないから食べてみたい!

 

また、伊勢名物「赤福」の原材料になるもち米を栽培している北海道名寄市では、もちつき名人を決める「もちつきチャンピオン決定戦」も開かれているそう。他にも北海道や新潟、三重など各地でもちにまつわるゆるキャラも誕生。地域おこしにも一役買っているようです。

 

人気の食べ方はやはり醤油!

 

おもちといえば、醤油やきな粉などバリエーションを変えられるのも楽しみなところ。昨年12月に実施された「全国ご当地お餅人気投票」(ソフトブレーン・フィールド)で、好きな食べ方を聞いたところ、1位「醤油をつける」、2位「きなこ餅」、3位「磯辺焼き」と王道の食べ方がランキング。他にも「おもち」「レシピ」で検索すると、グラタンや、アヒージョ、スイーツなど美味しそうなメニューがたくさん!この冬は新メニューにもチャレンジしてみませんか。

 

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。