体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android Tips : Canon EOS 80DをAndroidからWi-Fi経由で遠隔操作する方法

キヤノンのエントリー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS 80D」の Wi-Fi 機能を利用して、Android スマートフォンから 80D を遠隔操作したり、80D の写真や動画を Android スマートフォンに転送する方法を紹介します。80D には標準機能として Wi-Fi によるスマートフォン連携機能をサポートしており、Google Play ストアで配信されている「Canon Camera Connect」アプリをスマートフォンにインストールすると、カメラ本体を操作することなく、スマートフォンから 80D をワイヤレスで操作できるようになります。まずは 80D 側の設定です。「MENU」ボタンを押して「無線通信の設定」→「簡単接続」に進みます。初めて機能を利用する場合は 80D 側の SSID 名を決定(デフォルトのままでも OK)し、その後、画面にはスマートフォンから接続を待ち受けるための SSID と PIN が表示されます。次にスマートフォン側で Wi-Fi の設定メニューを開き、上記の SSID に接続します。パスワードには 80D に表示された PIN を入力します。スマートフォン側でプリを起動すると、画面に 80D の SSID が表示されるので、タップして接続を実行します。正常に接続するとセットアップは完了です。80D に戻って、スマートフォンからの接続リクエストに許可を与えます。Canon Camera Connect アプリでは、80D に保存された画像の閲覧と転送、リモートライブビュー撮影、カメラの基本設定(日付など)が行なえます。まずリモートライブビュー撮影を利用してみましょう。リモートファンダーでは、80D の基本的な撮影機能を利用することがでいます。画面上部にはリアルタイムの映像、下部にはレリーズとフォーカスボタン、動画切替ボタンが表示されます。撮影時のモードが決まっている場合は基本的にフォーカスボタンとレリーズボタンで撮影するだけです。撮影後、「カメラ内の画像一覧」で確認したり、スマートフォンに転送することができます。Canon Camera Connect アプリでは 80D のほか、5D Mark IV、Kiss X80、8000D、Kiss X8i、M10、M3 でも同様の機能を利用することができます。

■関連記事
“Ocean Note”の正式名称は「HTC U Ultra」? 6インチディスプレイを搭載?
LINE、お年玉付き年賀状をアプリユーザーに配信開始
Xiaomiのフラッグシップ「Mi 5s」のレビュー

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。