体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメリカのホラー映画をアメリカ人と観てきた!

image

先日池袋で、公開中のホラースリラー映画『ドント・ブリーズ』を観た。一人で映画館に行くことの多いバイキングの孫だが、今回は友達のアメリカ人を半ば強引に連れての鑑賞だった。

別に一人で観るのが怖かったからではない。前からアメリカ人と日本人の“ホラー映画に対する価値観の違い”に個人的な興味を持っていたので、「実際のところはどうなのか、この機会に検証してみよう!」と思いついたのだ。

映画のあらすじを簡単に説明すると、治安の悪い町としても知られるミシガン州デトロイトに住む女性ロッキーが、幼い妹と共に町から脱出するため、恋人のマニーと友人のアレックスと手を組んで空き巣をしようというもの。大金を隠し持っている盲目の老人がターゲットなのだが、実はこの老人がとんでもない超人で、金を盗みに忍び込んだ彼らを全力で殺しにかかってくる。はたして無事に老人の家から脱出することができるのか……? まさにハラハラドキドキのホラースリラー作品だ。

そして今回、筆者と同行したのはアメリカ人のアリッサさん!

image1

都内シェアハウス在住の英会話講師で、今年来日したばかり。彼女の出身地はまさしく映画の舞台と同じデトロイトで、主人公が町から抜け出そうとしている境遇を知ると「私もあの町を脱出してきたよ」と日本語で冗談を飛ばしてくれた。ちなみに人生で一番怖かった映画は『SAW(ソウ)』シリーズらしい。

一方で地方から東京に脱出してきた筆者のベストホラームービーは『リング1』である。特に鏡の前で髪を梳く“貞子の母親”がものすごく怖い。鏡の前に立っているだけで怖い。『SAW』のように血みどろなわけじゃないのに怖い。早速この時点で両者の好みが明確に分かれている!

いざ映画館に着くと、正月前だというのに多くの人でにぎわっていた。我々は前の方に座ったのだが、後ろを見回すとほとんどの席が埋め尽くされており、映画の期待値が高いことをうかがわせる。そして館内が暗くなり、スクリーンに映像が映し出された!

・・・・・・

(ここからは軽くネタバレになります)

まずは感想から言おう!

「最近の米産ホラーの中ではかなり出来が良かった!」

事前に観た予告動画のイメージよりも全編に渡ってじめじめとした気持ち悪さが描かれていて、良質なホラー・エンターテイメントに仕上がっていた。いわゆる最近の“観客をビックリさせることに余念がないだけのホラー映画”とは明らかに一線を画しているものであるのは間違いない。

ただ、怖いか怖くないかでいえば……正直あまり怖くはなかった。しかし! ホラー映画というのは最終的に好みの問題に行き着いてしまうものだから、決して作品を貶しているわけではない。どれほど技術的に優れていても、肝心の“恐怖”の部分が響くかどうかは、受け取り側の価値観だとか過去のトラウマなどの経験に縛られてしまう可能性があることを改めて実感した。そういった意味でも筆者が非常に怖いと感じるのは、やはり子供の頃に見た『リング1』の“貞子の母親”や、昔の“怪談話に出てくる白装束の幽霊”のような、目にするだけで生理的にいや~な気持ちにさせる映像なのだろう。

さあ、つづいて気になるアメリカ人のアリッサさんの反応はというと……?

image1-1

めちゃくちゃ怖がっていた!

100点満点中で何点だった? と筆者が振ると、なんと90点という高得点が返ってきた。生まれた国で作られた映画だけあって、彼女の恐怖のツボを鋭く突いたのだろうか?

映画館を出たあと、近くのファストフード店で休憩がてら質問を投げかけてみた。

-筆者「どこのシーンが一番怖かった?」
-アリッサさん「思いつくのは色々あるけど、やっぱりあの犬がだめだったわ。とても怖かった」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。