体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MUCC、ニューアルバム『脈拍』全貌解禁

2017年に結成20周年を迎えるMUCCが1月25日に発売する、20周年Yearの幕開けを飾るニューアルバム『脈拍』の詳細を解禁した。
MUCC (okmusic UP's)
アートワークを手掛けたのはシングル「ハイデ」以来のタッグとなる、BUCK-TICK 、LUNA SEA、THE MAD CAPSULE MARKETSなども手掛けるアートディレクターのサカグチケン。そして、ジャケット絵柄は「平成耽美主義」と呼ばれる独特の画風で知られる、耽美画家山本タカトの描きおろし作品となっている。新しいアーティスト写真も公開。山本タカトの絵が大胆にコラージュされた衣装が印象的に表現されている。

収録曲の全タイトルも公開。DVDには先に公開されていたメンバーインタビュー&レコーディングドキュメンタリーなどの映像に加え、『脈拍』ハイレゾ音源(48kHz / 24bit)が収録。封入特典として6月20日(火)、21日(水)に日本武道館にて開催される『MUCC 20TH-21ST ANNIVERSARY 飛翔への脈拍 ~そして伝説へ~』の先行チケット予約、さらには抽選でSPECIAL FREE LIVEに参加する事が出来る封入チラシも同封。

そして、各店頭特典も決定! TOWER RECORDSは“「脈拍」プロモーションB2ポスター”、TSUTAYA RECORDSは“「脈拍」JKサイズステッカー”、HMVは“MUCC絵柄A3ポスター”、Amazon.co.jpは“MUCC絵柄ポストカード”となる。スペシャルパッケージ仕様となる3000セット限定、初回生産限定盤Aは現在予約の状態で完売店が続出。初回限定盤Bに関しても数に限りがあるので、ぜひ予約して手に入れてほしい。

2月からは全国ツアー『MUCC 20TH ANNIVERSARY 97-17 羽化 -是朽鵬6極志球業シ終T脈殺-』もスタート。チケットは一般発売中。ぜひチケットをゲットして足を運んで欲しい。また2月4日(土)に同ツアーの追加公演としてTSUTAYA O-EAST にてFC(朱ゥノ吐)限定ライヴの開催も発表された。

アルバム『脈拍』
2017年1月25日発売

【初回生産限定盤A】(CD+DVD+Art Book)

AICL-3266~3268/¥6,920+税

【初回生産限定盤B】(CD+DVD)

AICL-3269~70/¥3,800+税

【通常盤】(CD)

AICL-3271/¥3,000+税

<収録曲>

■CD

01.脈拍

02.絶体絶命

03.CLASSIC

04.KILLEЯ

05.BILLYײ ~Entwines ROCK STARS~

06.りんご

07.EMP

08.故に、摩天楼(ALBUM MIX)

09.秘密

10.コミューン

11.勿忘草

12.シリウス

13.孵化

14.ハイデ

■DVD ※初回盤のみ

・Album「脈拍」への想い、20周年へ向かう心境を語るメンバーインタビュー&レコーディングドキュメンタリー

・野外Fes「MITO GROOVIN’2016」映像

・『脈拍』ハイレゾ音源(48kHz / 24bit)

※初回A、BのDVD収録内容は同内容となります

◎封入特典

1.New Album「脈拍」購入者限定チケット先行予約

[対象公演] MUCC 20TH-21ST ANNIVERSARY 飛翔への脈拍 ~そして伝説へ~

・2017年6月20日(火) 第I章 97-06 哀ア痛葬是朽鵬6

・2017年6月21日(水) 第II章 06-17 極志球業シ終T

会場:日本武道館 

開場 17:00/開演 18:09

※応募などの詳細は「脈拍」に封入される封入チラシをご確認下さい

2.アルバム『脈拍』購入者抽選対象FREE LIVE開催決定!!

・【MUCC「脈拍」購入者限定SPECIAL FREE LIVE】

2月4日(土)都内某所

開場 15:30/開演 16:00

※応募などの詳細は「脈拍」に封入される封入チラシをご確認下さい

◎アルバム『脈拍』購入者先着特典

1月25日に発売となる、ニューアルバム『脈拍』を下記対象チェーンにてお買い上げの方に、先着でスペシャル特典をプレゼント致します。特典は無くなり次第終了となりますので、是非お早めにご予約ください!

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。