体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

赤湯温泉・共同浴場&ワイナリーめぐり!冬のぶらり散策旅へ【山形県】

大浦葡萄酒

ワインの産地としても有名な山形県。そんなワインを求めて山形へ旅をする方もいると思います。でもこの時期に山形に行くなら、ぽかぽか体が温まる、ある場所へも立ち寄りたいと思いませんか?!そう、温泉!

山形県南陽市・赤湯温泉は900余年の歴史ある湯治場です♪そこで今回は、ワイナリーをめぐりながら、温泉も楽しめる、湯めぐりをご紹介。

風情ある公衆浴場で、地元の人と言葉を交わしながら湯につかり、ブドウ産地の極上ワインを味わう、そんな散策はいかがでしょうか?

赤湯元湯

さらっととしっとり、2種の湯に浸かれる。

赤湯元湯観光センターに隣接しており観光客が立ち寄りやすい赤湯元湯

大湯と丹波湯を一つにして2008年にオープンした最も新しい共同浴場。2つの湯船にそれぞれ異なる源泉を100%掛け流している。

温泉DATA

●入浴料/200円

●湯船の数/内湯男女各2

●泉質/含硫黄―ナトリウム・カルシウム―塩化物温泉、単純温泉

●シャンプー&リンス/販売100円

●ボディソープ/○ ※石鹸販売100円

●ドライヤー/○ ※3分10円

●フェイスタオル/販売200円

●バスタオル/× 赤湯元湯

TEL/0238-40-2925

住所/山形県南陽市赤湯754-2

営業時間/8時~14時(最終受付13時30分)、15時~21時30分(最終受付21時)

定休日/水

駐車場/18台

「赤湯元湯」の詳細はこちら

とわの湯

国道13号線沿いで、交通アクセスも便利。

とわの湯とわの湯の男性浴場。広い湯船を囲んで話に花が咲く

浴室の中央に正方形の湯船がある。体が温まる無色透明の湯で湯量も豊富。昭和18年にでき、公募で「とわの湯」と名付けられた。

温泉DATA

●入浴料/100円

●湯船の数/内湯男女各1

●泉質/含硫黄―ナトリウム・カルシウム―塩化物温泉

●シャンプー&リンス/販売100円

●ボディソープ/○ ※石鹸販売100円

●ドライヤー/×

●フェイスタオル/販売200円

●バスタオル/× とわの湯

TEL/0238-40-2923

住所/山形県南陽市赤湯392

営業時間/6時~12時(最終受付11時30分)、14時30分~21時30分(最終受付21時)

定休日/火

駐車場/10台

「とわの湯」の詳細はこちら

烏帽子の湯

烏帽子の形の浴槽で、しっとり肌をゲット。

烏帽子の湯烏帽子の湯の男性浴場。清掃も行き届いている

最も利用者が多い共同浴場で湯船は烏帽子の形をしている。単純泉で筋肉痛や関節痛に効能がありお肌がしっとりするのだそう。

温泉DATA

●入浴料/100円

●湯船の数/内湯男女各1

●泉質/単純温泉

●シャンプー&リンス/販売100円

●ボディソープ/○ ※石鹸販売100円

●ドライヤー/×

●フェイスタオル/販売200円

●バスタオル/× 烏帽子の湯

TEL/0238-40-2926

住所/山形県南陽市赤湯356-48

営業時間/6時~11時30分(最終受付11時)、14時~21時30分(最終受付21時)

定休日/金

駐車場/16台

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会