体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フリーホラーゲーム『徒花の館』 殺人鬼の少女となり、駆け引きが熱い「デス・ゲーム」で皆殺せ!

いまでは多くの作品がリリースされているフリーホラーゲーム。このジャンルの特徴としては、怪奇現象に出会ってしまったり、殺人鬼や恐怖の存在に追い掛け回されるようなゲームが主だろう。

しかし、今回は、そういった普通のホラーアドベンチャーとは180度違った内容となるゲーム『徒花の館』を紹介しよう。

本作の特徴は、自分が殺人鬼となって対象を皆殺していくという、「逆」ホラーなゲームデザイン。隔離された空間に集まった男女6人に対してさまざまなゲームを仕掛け、敗者を殺していくというルール。仕掛けるゲームはそれぞれ全く別のルールとなっており、初見プレイでの対戦時の読み合いがとにかく熱い作品となっている。さっそく紹介しよう。

駆け引き・読み合いが非常にアツい「デス・ゲーム」を勝ち抜け!

ホラーゲームでありながら「主人公が殺人鬼」という設定が特徴的な本作であるが、もうひとつ見逃せないシステムが、本作の主人公であるサイコパスの殺人少女「音霧紅刃」が、謎の隔離空間に集めた「砂野 陸」や「浜平 海」といった6人の少年少女それぞれに対して行う「デス・ゲーム」だ。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8158886
囚われの身となり、デスゲームの対象となった「砂野 陸」ら6人の少年少女
 
%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8158881
 
%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8158883
 
紅刃は少年たちに対し、勝利した場合に相手の命を奪う「デス・ゲーム」を仕掛けていく。これは物理的に相手と殺しあうのではなく、相手ごとに違ったゲームルールを用意して対戦するという内容だ。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8158885
そこに、奇抜なゴシックファッションで現れる「音霧紅刃」(主人公)
 
たとえば初回のゲームは、相手の金庫に入ったお金を奪い合う「強奪ゲーム」。基本ルールは、お互いに1000万円入った相手の金庫から3回だけお金を奪うことができるというもの。奪う金額も選択することができるが、3回の機会のうち1度だけ自分の金庫に「警報」を仕掛けることができ、警報を仕掛けたターンにお金を奪おうとした場合、取ろうとした金額だけ相手にお金を渡さなければならないというルールが存在する。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8146019
毎回ルールの異なる「デス・ゲーム」を仕掛け、対象を殺害していく

そして、お互いに一度だけ、相手の金庫に警報がついていないかのチェックを行うことができる。そのためこのゲームの場合、闇雲に大きな金額を取ろうとするのではなく、相手は警報を仕掛ているのか?万全を期して行動をパスすべきか?それともチェックを使うか?という判断が重要になってくるのだ。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会