体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この正月「ちはやふる」ってみる?おすすめカルタ3選

競技かるたに没頭する若者の青春を描いた人気漫画「ちはやふる」は、昨年、映画化もされ大ヒット!お正月の風物詩でもあるカルタが再び脚光をあびました。

 


BE LOVE (ビーラブ) 2016年4/1号
Fujisan.co.jpより

 

そこで今回は…今年のお正月、話題のカルタで盛り上がるための、おすすめのカルタをご紹介!

 

まずは、こちら。猫好き&くいしんぼうにはたまらないカルタ!

 

「ふやき煎餅猫かるた」

 

実はこのカルタ、紙製の「かるた読み札」と「ふやき煎餅」でできた「かるた取り札」がセットになっております。そう、本来のカルタを楽しみつつ、お腹も満たしてくれるという超画期的なカルタなのでごさいます。

 

さらにいうと・・・

・カルタをする前に置物として部屋に飾っておく
・カルタ取りをしてみんなで遊ぶ
・美味しく食べる

 

つまり、一石三鳥、一粒で3度美味しいカルタなのでございます。

 

ちなみに、読む札はネコのあるあるを七五調で表現。例えば…

「ね」てばかりそれでも毎日ねてばかり

「爪」とぎにぴったりなのはカーペット

「あ」し音を消してこっそりしのびよる

 

 

などなど…。

 

気になるお味は…

 

ふやき煎餅の材料は、国産もち米100%。北陸産の「新大正もち」のみを使用、職人さの手焼きでございます。裏には砂糖がけされており、ほんのりした甘味も楽しめるとのこと。

 

お次はこちら!

日本で一番アツいカルタ、「修造かるた」

出典:https://www.php.co.jp/shuzo/

 

 

日めくり「まいにち、修造!」が大ヒットしたのはご存じのとおり。そのカルタ版でございます。決して安易とは思わないで頂きたい!カルタ用に新規書き下ろしもございます。カルタの写真はオールカラー&オール松岡修造!裏面にはメッセージの解説も

 

さらに、修造さま自ら読み上げたボイスメッセージが収録されたCDも付属。至れり尽くせり、修造づくしでございます。

 

出典:https://www.php.co.jp/shuzo/

 

「めんどくさいと感じたらお茶を飲め!」、「できるできないを決めるのは自分だ」、…。すばらしい!2017年、気合を入れてスタートするには、もってこいのアイテムでございます。

 

そして最後は、数あるご当地カルタの中でもイチオシのカルタ。

 

「遊んで学べる 神奈川県民ジモトかるた」

 

今注目のナンセンス絵本作家「シゲタサヤカ」が制作した神奈川県のご当地カルタでございます。

 

ご当地カルタは、他県にもありますが、絵本同様、ユーモアにあふれまくり、ただのご当地カルタの域をだっしているクオリティ。神奈川県民だけでなく、絵本ファンにも注目のカルタでございます。

 

 

題材となった名所や名物の解説も同封されているので、全国の方もお楽しみ頂けます。また、絵札の裏には、市町村のシルエットが描かれ、形を見てその市町村を当てるクイズも可能!もちろん、カルタに登場するキャラクターたちは全員、「白目」です(黒目がありません)。

 

絵本のスタイルをカルタでも死守されております。親御さんはご心配なく、子供が怖がることはありません。それがシゲタサヤカワールドの味でございます。ちなみに、かるたは子供の遊び道具のイメージ強いこともあり、絵本と連動しているものもたくさんあります。

 

有名なところでは、「ぐりとぐらかるた」、「11ぴきのねこかるた」、さらに、「はらぺこあおむし エリック・カールかるた」など、ございます。ナンセンス絵本ファンには、長新太さんの「へんてこかるた」もおすすめです。

 

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。