体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ストレッチは正しい姿勢で!身体を柔らかくする立位体前屈のコツ

ストレッチは正しい姿勢で!身体を柔らかくする立位体前屈のコツ

ストレッチは正しい方法でやらないと効果がない!?

ストレッチは正しい姿勢で!身体を柔らかくする立位体前屈のコツ

皆さん、日頃のセルフストレッチはされていますか?
ストレッチをすると固まっていた筋肉が伸びるので、身体が動きやすくなったり、疲れが取れたりしますよね。
しかし、正しくストレッチをするというのは、意外と難しいものなのです。
自分がどこを柔らかくしたいのかを、しっかりイメージしなければなりません!
柔軟性と言えば「立位体前屈」がいちばん分かりやすいと思います。

 

どっちが正解?立位体前屈の正しい姿勢とは

どっちが正解?立位体前屈の正しい姿勢

上のAとBの写真で、あなたが正しく前屈してると思うのはどちらですか?
「前屈なんだから膝が曲がっちゃダメじゃない!!」
と思った人も多いかもしれませんが、この2枚であれば正しい前屈はAです♪
Bは膝は伸びていますが、骨盤が全く前傾していなくて、股関節が動いていません!
しかしAは膝が曲がっていても、骨盤が前傾し、股関節からしっかり倒れているのが分かってもらえると思います。

 

ストレッチは伸ばしたい筋肉を意識して!

ストレッチは伸ばしたい筋肉を意識して!

皆さんが前屈をする理由は、股関節やハムストリング(太ももの裏側の筋肉)を伸ばしたいからですよね?
であれば、背中を丸めた前屈はあまり効果がありません!!!
目的にしているストレッチがあるなら、そこを動かせるように、正しい姿勢、正しい方法で行いましょう!
ストレッチトレーナー/SSS(スリーエス)

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会