体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Amazonで衝撃的な価格の靴下と●●に直接つける傘を発見。この価格・・・どうなっているのかな。

Amazonで衝撃的な価格の靴下と●●に直接つける傘を発見。この価格・・・どうなっているのかな。
月曜日1番~日曜日7番まで番号が印刷された1週間ソックス男性用(7ペア/セット)という靴下をAmazonで発見して購入しました。価格は約500円(関東への配送料 無料)でした。なんとなく購入したのです。送料無料です。

SODIAL(R)ノベルティデイリーソックス7日一週間ソックス男性用(7ペア/セット)ブラックSODIAL(R)ノベルティデイリーソックス7日一週間ソックス男性用(7ペア/セット)ブラックAmazon.co.jpで詳細を見る

安すぎる。この価格で大丈夫なのか??

待つこと2週間。。。。。驚くことに中国から発送されてきました。中国郵政のアントラック(送り状番号で追跡できない)の郵便です。中国郵政のWEBサイトにある国際郵便の小包タイプを見ると、100gで12元、+100gで7元とあります。この靴下は200gあるので19元×15円とすれば、送料300円ぐらいになります。
Amazonで衝撃的な価格の靴下と●●に直接つける傘を発見。この価格・・・どうなっているのかな。
そう考えると500円の品で、送料300円は不可能ではないように見えます。Amazon手数料(お店・出品者が支払う費用)はアパレルなら15%です。500円の商品をAmazonで自己配送した場合は、約80円の手数料がかかります。靴下の原価が1足10円とした場合、7足入っているので70円と考えてみます。

送料300円+Amazon手数料80円+靴下コスト70円=450円とします。それを500円(正確には購入時488円)で販売すると、利益は50円。。。粗利は10%あるように見えるので、中国ならこれで大丈夫?なのかもしれませんが、なんとも不思議な業者です。大丈夫なのでしょうか。

Amazonで購入した場合は、クレジットカードやメールアドレスの情報は業者に渡りません。でも住所や氏名や電話番号などの情報は渡されることになります。送り状を発行するためには必要だからです。そういった個人情報を収集していると邪推したくもなります。しかしこんな面倒な必要で個人情報を集めるメリットはほぼないでしょう。過去に大流出している情報から集めた方が早そうです。あまり考えずに処理している可能性が高いと思われます。また送料がもっと安いのかもしれません。

さらに衝撃な傘(248円送料無料)を発見。。

お店を調べているとさらに衝撃的な商品を発見しました。頭部に直接つける傘です。248円(2016年12月31日時点)で送料無料です。傘のコストがマイナス100円ぐらいなのかもしれません。非常にお買い得な商品です。ぜひご購入をオススメします。
Amazonで衝撃的な価格の靴下と●●に直接つける傘を発見。この価格・・・どうなっているのかな。
ちなみに迷彩タイプもあります。ジャングルで地上戦に利用できそうです。
Amazonで衝撃的な価格の靴下と●●に直接つける傘を発見。この価格・・・どうなっているのかな。
ああ。そうか釣り用の傘なんですね。

1 2次のページ
タチット | 見てさわってレビューしたり作ったりするサイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。