ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

1月は約5倍!他人事ではない餅の窒息事故、知っておくべきQA集

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

1月は約5倍!他人事ではない餅の窒息事故、知っておくべきQA集
もういくつ寝るとお正月…という時期ですが、毎年高齢者の方などがお餅を喉に詰まらせる事故が起きているのをご存じですか?

東京消防庁において、餅などを喉に詰まらせて救急搬送された人を月別にみると、1月は約5倍も搬送された方がいらっしゃるようです(過去5年間データ)。
参考:東京消防庁

死亡する危険性もあるお餅の窒息事故ですが、いざというとき、どのようなことを行えばよいのでしょうか。

今回はお餅の窒息事故に注意をしたい方、応急処置方法、予防などについて医師の建部先生に解説していただきました。

お餅の窒息事故

1月は約5倍!他人事ではない餅の窒息事故、知っておくべきQA集
年末年始~2月にかけて、少なくとも毎年数件、ニュースでお餅を喉に詰まらせて死亡するケースが報道されます。

東京都における、お餅などに起因した窒息事故による救急搬送人員(人)(2011-2015年累計、月別)は、12月は69人、1月は223人、2月は54人と案外、多い印象です。
参考:東京消防庁

地方になると高齢者を中心に冬場にお餅を召し上がる機会が多いと考えられますので、かなり身近で決して他人ごとではない事故です。

今回はそんなお餅の窒息事故についてお話をしてみます。

お餅の窒息事故の主な原因

1月は約5倍!他人事ではない餅の窒息事故、知っておくべきQA集

加齢による嚥下機能低下・咀嚼力低下・口腔内の感覚の低下

加齢によりこれらの機能は当然ながら低下します。歯が抜けて少ない、義歯を使用中の高齢者は咀嚼力がどうしても低下してしまいがちで、その結果、唾液の分泌が減ってしまいお餅が飲み込みにくくなります。

また認知症やパーキンソン症候群等がある場合、またその治療薬を服用中の場合は、これらの機能が一層低下している可能性が考えられますので、より注意が必要です。

ドライマウス

特に市販のチューインガムを噛んでも少ない唾液しか出ず、口腔内の乾燥傾向を自覚してしまうような方は、お餅を食べる際は工夫や注意をしましょう。

幼小児における咀嚼力未発達

小さなお子さんの場合は、顎を中心とした筋肉群の発達ならびにその咀嚼力が未熟です。

ひと口サイズ以下にしても咀嚼中に顎が疲れて丸呑みする場合もあり、食べてもらうにあたっては十二分な注意観察が必要です。

お餅という食材の特性

お餅は一般的に煮る、蒸す、焼くかの加温調理をされます。その加温調理されたお餅は口に入れて咀嚼されているうちに、最初は熱々であっても体温程度まで下がりその後、飲み込まれます。

飲み込んだ際、温度が下がると同時に餅自体が固くなり、粘着性は逆に強くなる傾向があるので、

・喉に引っかかりやすくなる

・口腔内や喉の粘膜などにくっつきやすくなる

・気道の入り口にお餅がくっつきやすくなる

といった状態となります。

お餅は調理直後、食べるとき(咀嚼中)、飲み込むとき(嚥下時)でその性状が各々変化し、特にその粘着性の高さが窒息の原因になるのです。

お餅の窒息事故に注意をしたい方

1月は約5倍!他人事ではない餅の窒息事故、知っておくべきQA集

高齢者

・自分の歯が極端に少ないまま飲食をしている

・義歯を使用している、または使用中の義歯と歯茎のフィットが上手くいっていない

・寝たきりで栄養状態が悪い

・脳梗塞などの脳疾患による後遺症で、嚥下機能低下・咀嚼力低下・口腔内の感覚の低下のいずれか、または2つ以上に該当する

・認知症やパーキンソン症候群などに該当する、またその治療薬を服用中

・何らかの疾患が背景となって顔が上に向いてしまったまま

子供

・食べながら遊ぶ傾向が強い

・パンをまだ食べることができない(唾液の分泌が未発達と推測されるので窒息リスクあり)

・痰が絡んだ時の、むせ払い咳がまだうまくできない

・歯が生えそろっていない2歳以下(特に臼歯が無いお子さんは食べ物を咀嚼し、すり潰せないので誤嚥・窒息が起きやすい)

・生まれつき病的に顎が小さい、口蓋裂、歯のかみ合わせが極端に悪いなどの疾患があって、誤嚥を防ぐため飲食物の制限がされている

お餅以外の詰まりやすい食べ物5選

1月は約5倍!他人事ではない餅の窒息事故、知っておくべきQA集
実際遭遇した救急搬送の内容も踏まえて、リスクの高い食べ物を挙げてみます。

こんにゃく玉

煮物などによく入っており、リスクの高い高齢者が続けざまに食すことで窒息しやすいです。

実際、勤務先病院の院内レストランで、これを含む料理を提供された高齢者が心肺停止になり、救命できなかった経験があります。

ゆで卵

ゆで卵をほぼ丸呑みし、その黄身が喉をきわめて通りにくくなるために起こります。2件の自験例ではいずれも救命に成功しました。

飴や甘栗

救急搬送中に窒息が解除されていることが多く、解除されていなくても救急病院到着後の処置で解除される確率が高いです。

飴については小袋に入ったやや大玉の飴・キャンディーで窒息を起こすことがあります。

おにぎりやサンドウィッチ

昼食などに大急ぎでいわゆる一気食いする働き盛りの男性に多く、咳払い・嘔吐反射で喉の閉塞物を自力で排出できることが多いです。

中には小学生で昼休みの運動場のドッヂボールの場所取りに駆け出すため、給食の食パンを一気に食べて喉に詰まらせてしまったケースもあります。

自験例は自力排出後の緊急診察のみで、一歩間違うと命の危険も考えられます。

団子

三色団子、みたらし団子などで、餅玉がひと口サイズという安心感があるのか、串の3~4個の餅玉を一気に口に含んだり、よく噛まず立て続けに口に運び飲み込むことで生じます。

お正月に食する「お餅」に隠れて目立たちませんが、高齢者や小さなお子さんが召し上がるときは十二分な観察と注意が必要です。

スーパー等で販売されているものは改良されているらしく、いわゆる「お餅」ほど高い粘着性は無い様で、また時間がたってもお餅の部分が固くなりにくい特徴があるようです。

今のところ自験例がありませんが、遭遇するとこんにゃく玉と同様、困難が予想されます。

これら以外であっても
こんにゃくゼリー
ポップコーン
キャラメルなど容易に喉に詰まらせ、窒息・誤嚥を起こすものは大変多く、身近に存在します。

お餅が喉に詰まった際の応急処置

1月は約5倍!他人事ではない餅の窒息事故、知っておくべきQA集
まずは、慌てず周囲の人に助け(救急車の要請・近くのAED機器の取り寄せ等含む)を要請しましょう。

その上で下記を実行してみてください。

意識が無い場合

呼びかけに反応なし、または無くなった場合、心肺停止の危機が迫っています。心停止に対する心肺蘇生の手順を開始することになります。

周囲の方に救援が望めない場合は、119番通報で救急車を要請します。すぐ近くにAED機器があることがわかっているならば、大急ぎで取り寄せて心肺蘇生を開始します。

また、心肺蘇生中に口腔内の異物が見えた際は、これを取り除いてください。口腔内に異物が見えない場合、指をやみくもに入れて探ったりしないでください。なお異物を取り除くために心臓マッサージを中断することがあってもいけません。

意識がある場合

以下、日本医師会-救急蘇生法‐気道異物除去手順を参考に記述します。

参考:日本医師会 救急蘇生法

・腹部突き上げ法

(※この方法は、妊婦や乳児にはNG。肋骨や胸骨の骨折や腹部臓器を損傷する可能性があるので、実施した場合、そのことは必ず救急隊に伝えてください。)

1:窒息した人を後ろから抱えるように腕を回します。

2:片手で握り拳を作り、その親指側を窒息者のへそより上で、みぞおちの十分下方に当てます。

3:その手をもう一方の手で包むように握り、すばやく手前上方に向かって圧迫するように突き上げます。

・背部叩打法

(※子供の場合は抱きかかえて背中を叩きます。成人であっても横になっている人が自力で起き上がれない場合は、この方法を行います。)

1:背中を叩きやすいように窒息者の横に回ります。

2:手の付け根で肩甲骨の間を力強く、何度も連続して叩きます。

これら2つの方法は、どちらかが効果が無い場合は、もう一方の方法を行います(妊婦・乳児は除く)。

また、2つの方法の実施中に意識がなくなってしまったら中断し、心停止に対する心肺蘇生の手順を開始することになります。

その他

テレビの災害・事故の特集番組などで、お餅を喉に詰まられた際の応急処置に、電気掃除機による口腔内吸引で閉塞が解除され救命できた、という内容を時折、見かけます。

しかしながら、掃除機のノズルを強引に口腔内に入れたり強すぎる吸引力をかけるため、口腔内や舌の損傷による出血が気道内に流れ込み、呼吸状態が一層悪くなる可能性も考えられます。

よって、医学的にはおすすめはできません。

実際に救命できるかどうかは別にして、後から振り返った時に確率は高くはないが出来ることをしてあげたか、あげなかったかで精神的な後悔が残る可能性もあるため、 賛否は分かれるところでもありますが、上記方法を実施しても改善がない場合、どうしようもない場合に限って、ということに留めておきます。

お餅が喉に詰まった際の救急車を呼ぶ判断基準

1月は約5倍!他人事ではない餅の窒息事故、知っておくべきQA集
現場での応急処置ですぐに窒息解除され、会話まで可能になっているのであれば不要ですが、原則的にはお餅を喉に詰まらせた場合は、異物で気道が閉塞またはそれに近い状態であると考えられますので、躊躇せずに救急車を要請してください。

皆さんが「お餅を喉に詰まらせた方」に遭遇した時、特に苦しんでいる方が大切な御家族や友人であった場合、おそらく気が動転している可能性が高いと思われますが、その状態でまず、できることは周囲の人に助けを求めることと救急車を呼ぶことです。

冷静になれますし、駆け付けた方が助言や応援をしてくれますので、次のステップ、救急車が到着するまでに先程の応急処置を行い、救命の可能性を高めるのがベストです。

お餅を喉に詰まらせないための予防法

1月は約5倍!他人事ではない餅の窒息事故、知っておくべきQA集
お餅に限ったことではありませんが、食品による窒息事故の予防策として消費者庁は以下の対策を示しています。
参考:消費者庁

・食品を食べやすい大きさに切る。一口を無理なく食べられる量に

・食事の際は、お茶や水などを飲んで喉を湿らせる

・食べ物を口に入れたまま、しゃべるなどしない

・食事中に驚かせるような行動をしない

・食事中は遊ばない、歩き回らない、寝転ばない

このほかにも、医学的観点から以下の対策が有効です。

・起床直後など完全に覚醒していない状況での食事を避ける
(前日に深酒をして翌朝、お餅入り雑煮等を食べる、睡眠薬を使用している方が覚醒しきっていない状態で食事をする等)

・食べ物を咀嚼・嚥下するのに適した姿勢を保持すること
(臥床したまま食べる、食べさせるようなことはしない)

・義歯を装着している方は、かかりつけ歯科を定期的に受診しその義歯の状態を適切に維持しておく

・理学療法などの専門家のアドバイスに従った、口の周りの運動機能訓練を行う

最後に建部先生から一言

1月は約5倍!他人事ではない餅の窒息事故、知っておくべきQA集
お餅は日本の伝統食の一つであり、広く目を向ければアジア圏にも類似の食品が存在しています。保存性に優れ、登山の際の携帯食や非常時保存食としても活用されています。

近年は一年を通してスーパーなどの棚に餅が並ぶようになっており、お餅を日常的に食べる人も以前よりも増えています。

炭水化物の中ではその消化に時間もかかるため、いわゆる腹持ちが良く持続的に血糖値を上昇させ、それに連動して体温も高くする効果もあり、この特性を上手く利用してダイエットに成功される方もお見かけいたします。

いざというときの方法を頭の片隅に入れておいていただいて、普段は少し食べ方や食べる方法に注意すれば、伝統的に優れた食品であることは間違いないでしょう。

お正月前後より、おいしいお餅を安全に食べて楽しい冬のひと時をお過ごしいただければと思います。

(監修:医師 建部雄氏)

関連記事リンク(外部サイト)

夏よりも気をつけたい冬の体臭対策 実は体の洗いすぎがNGって本当?
感染症予防のため“餅つき”を自粛?意外と多い日常の手にまつわる細菌リスク
《医師が解説》ダウンタウン浜田雅功さんも患った“声帯炎”ってどんな病気?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。