体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外の変わった正月。なぜか新年を「蛍の光」で祝う

海外の変わった正月。なぜか新年を「蛍の光」で祝う

早いですが、今年のお正月はどこへ行くか決まっていますか?筆者は実家でおせち料理でも食べながら、ぬくぬくと過ごす典型的なジャパニーズスタイルですが、海外のお正月の過ごし方は一風変わっているようです。お皿を隣家に投げたり、「蛍の光」を歌ったり、そもそもお祝いしてはいけない国もあったり。

そんな個性あふれる海外でのお正月の過ごし方を紹介していきます!

 

1.アメリカ−「蛍の光」を歌いながら年越し

shutterstock_245846269 (1)

photo by shutterstock

アメリカでは、お祝いは12月31日の大晦日の夜からはじまります。家に親戚や友人を集めてパーティを開き、1月1日になると「HAPPY NEW YEAR!」と叫び、チャイムや爆竹や花火などで大騒ぎ。そしてそれらの歓声とともに、「蛍の光」が歌われます。日本でも、紅白歌合戦の最後に歌われますよね。

ただ、日本では去っていく年を惜しむように歌われますが、アメリカでは「新年おめでとう!」というお祝いの感覚で歌われます。同じ曲でも、国民性や文化によって捉え方が180度ちがいますね。

 

2.エストニア−1日に7回食事をする

shutterstock_265831967

photo by shutterstock

エストニアでは、元旦に食事を7回する習慣があります。これは新しい年に豊富な食料を確保できることを祈願した風習です。7回食事したら、7人分の力をもつと信じられています。

エストニアでのお正月太りは、日本の比ではないかも。エストニアで過ごす際は日本の2,3倍運動しましょう。

 

3.ブラジル−白い服を着て、海で7回ジャンプする

Cute little girl in hat at beach during summer vacation

photo by pixta

ブラジルでは新年に、平和の象徴である「白」の服を着る習慣があり、ほとんどの人は白い服を着ます。そして、新年に波を7回飛び越えながらお願いをすると叶う、という言い伝えがあるため、ビーチでは白い服を着た人たちが多く集まります。

日本でもやってみたいトレンディな習わしですが、1月の海に入るのを想像するだけでも寒気が。温かい南半球ならではの過ごし方ですね。

 

4.サウジアラビア−祝ってはいけない。普通に仕事

Overhead view of Asian businesspeople anaylzing graph

photo by pixta

サウジアラビアには、イスラム教信者が多くいます。イスラム法で信者は基本的にイベントを祝ってはいけないという教えがあるため、元旦は普通の日と変わらないようです。仕事もフルタイムであります。

日本人の方でも元旦から仕事の方はいると思いますが、「サウジアラビアの人も仕事しているんだから!」と、自分を奮起しましょう。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。