ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

大晦日は初乗り140円で40時間以上も大回り乗車

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
大晦日は初乗り140円で40時間以上も大回り乗車

JRには“一筆書き”があります。それは大都市近郊区間制度を利用した“大回り乗車”とも呼ばれる乗車方法です。なかでも路線の多い東京近郊区間では、この乗車方法がフル活用できます。しかも、大晦日はJRで終夜運転が行われるため、元日の最終電車まで40時間以上も大回り乗車が可能です。

大回り乗車できる距離にも限界

東京、名古屋、大阪などの複数の路線が集中する地域に適用されるキップの特別ルールがあります。それは隣の駅に行く場合でも重複区間がない一筆書きのルートであれば、区間内をどんなに大回りをしても隣の駅までの初乗り運賃で乗車できるというルールです。

大回り乗車のルール上、駅の改札を出る「途中下車」はできません。列車を降りて、改札内の商業施設・エキュートやトイレなどの利用は可能です。

ただし、キップの有効期間は1日。始発(初電)から終電までになります。このため、1日の乗車時間はどんなにがんばっても20時間程度。大回り乗車できる距離にも限界があります。

大晦日は40時間以上の大回り乗車

しかし、大晦日から元旦にかけてはJRでは終夜運転が行われるため、その日は終電がありません。つまり、12月31日付けのキップは1月1日の終電まで有効ということになるのです。

具体的には、12月31日のキップは12月31日の始発(5時頃)から1月1日の終電(1月2日深夜1時頃)まで有効になります。このため、一筆書きであれば初乗り運賃で40時間以上の大回り乗車が可能です。

例えば、常磐線の北小金~馬橋駅の2.9キロ区間。初乗り運賃140円で、大晦日から元旦の終夜運転を利用して1,039.2キロ、40時間以上も乗車することができます。常磐線の新松戸駅を避けながら大回りするのがポイントです。

関連記事リンク(外部サイト)

JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
JRきっぷのキャンセル料をタダにする方法!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。