ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『クレールパリ』あきらめていたタオルがよみがえる、部屋干し臭も防ぎ敏感肌にも優しい柔軟剤入り洗剤登場!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

柔軟剤難民の記者としては、ふかふかを取るのか、良い香りを取るのか、はたまた痒くならないタイプを選ぶのかがいつも悩みの種だった。しかしこの聞き慣れないメーカーによる洗濯用柔軟剤入り洗剤 『クレールパリ』が、まさか全てを解決してくれるとは夢にも思わなかった…。

これといって特徴のない配合成分、期待度ゼロで試してみたところ、驚きの結果が…!

正直なところを言うと、ゴージャスな見た目のボトルにまず警戒。価格帯も1,000円近くする上に、シャンプーなどではおなじみのシルクプロティン配合、防臭には和漢薬としてお馴染みの熊笹エキスなどと言う成分を見て、期待はなかった。しかも柔軟剤入り洗剤なので、これ一本で済んでしまう。


作っているのは株式会社東亜産業(東京都千代田区)という聞き慣れないメーカー。この洗濯用柔軟剤入りオールインワン洗剤『クレールパリ』(1000ml・実勢価格 税込約980円・発売中)が、楽天市場で4部門でNo.1達成ということを聞いてもまだ信じられないのは、今までの洗剤選びで裏切られ続けてきたせいなのだろう。

 

実際にどれだけ期待していなかったというと、「東京インターナショナルギフトショー2016秋」で無料配布されており、入手済みだったのに最近まで使用していなかったくらいだ。それがたまたま柔軟剤を切らしてしまい、一度くらいと使ってみたのがきっかけである。

 

そしてその仕上がりに驚いた。おしゃれ着洗い洗剤によく使われている中性タイプの洗剤なので、そんなに悪いことはないだろうと思いつつも洗剤としては今ひとつだろうし、除菌効果をうたっている漂白剤入りの洗剤のような防臭効果はとても望めないと感じていた。

洗剤は通常のアルカリ性のものの方が汚れは落ちやすいが、服は傷む。漂白剤入りとなればなおさらだ。後から強力な柔軟剤を投入しても、強力な洗浄力のシャンプーをした後に強力な修復効果のトリートメントを使うようなもので、結果としては殴って怪我させておいて薬をつけてあげるようなものだと思うのだ。

 

さらに悪いことに、漂白剤入りは記者のような刺激で肌が痒くなりやすいアレルギー体質にはめっぽう厳しい。さらに抗菌防臭をうたう柔軟剤でも同様のことが起こる。服の菌を攻撃するのはいいのだが、人間の肌まで攻撃してしまうことがほとんどだからだ。

 

その一方でアレルギー肌にも優しいとうたう製品は、今度は除菌力が今ひとつで、部屋干しなどしようものならぞうきん臭に悩まされてしまうことが多い。香りでごまかすタイプの製品もあるが、それはそれで香料が敏感肌を刺激する。

 

なのですっかり諦めの境地で洗濯に挑むことが多かった記者。肌に優しい洗剤に少しだけ衣料用漂白剤を混ぜ、柔軟剤を少なめにしてゴワゴワは我慢するという状況であった。

 

ところがこの『クレールパリ』を使ったら、それらすべての悩みが解決してしまったのだから、誠に狐につままれたような感想を抱かざるを得なかった。

 

 

香りを優先すればフカフカしない、部屋干し臭防止を優先すれば痒くなる、そんな洗濯用洗剤・柔軟剤難民としての放浪の旅に終止符が打たれるとは…!

使い方は簡単。通常全自動洗濯機についている洗剤投入口にキャップで分量を量って入れるだけ。

あえて問題があるとしたら、非常に液体の粘度が高いこと。勢いよく多めの量を投入すると、投入口が小さいと穴の場合、内部へ液体が落ちて行く前に周囲に溢れてしまう。これはちょっと参った。ゆっくりちびちび投入すれば防げるのだが、せっかちなのでイライラする記者。そうだ、と思い立ち、半分入れたところでキッチンでお湯を出して注ぎ、溶けやすくして投入。それをもう一度繰り返してキャップ一杯分を投入することにした。これは結構面倒。

もちろん柔軟剤投入口には何も入れる必要なし。そもそも洗剤投入口のない機種でも、直接洗濯槽に投入すれば良いとのこと。

2〜3回使用した後だったろうか、部屋干ししていても匂いが気にならなかったので、ひょっとして良い仕事をしているのではないかと気がついた。そして香り自体も”エレガントソープの香り”というありがちな名称だったので期待していなかったが、控えめながら高級感のある香り。

 

何よりうれしかったのが、『クレールパリ』を使用した場合、肌着やパジャマで体が痒くならなくなったのだ。つまり安眠が可能になった。これだけでも大いに助かった。考えてみるとオールインワンの柔軟剤入り洗剤ということは、すすぎの回数が増えることに直結する。通常全自動洗濯機の標準コースなら洗剤が最初に投入され、すすぎが行われた後で柔軟剤が投入され、すすがれる。これだと柔軟剤成分が衣服に残るのは当たり前。何しろ一度きりのすすぎなのだから。そうしたシステム的な問題で痒くならないのではと推測した。


そしてさらに後日気がついたのだが、長いこと使い続けてきてペラペラのゴワゴワになっていて”そろそろ買い換えなければな”と思っていた我が家のタオル群が柔らかくフワッとしてきたのだ。これは本当に驚いた。おしゃれ着洗剤を用いてふかふかが売りの柔軟剤を使った時でもこうは行かなかった。もちろんそれなりの効果はあるのだが、ペラっとするまで使ってしまったタオルでは、柔らかくはなってもとてもふかふかの境地まではいざなってくれなかったのである。そしてそれは当然のことだと思っていた。

まさに記者が長い間探していた理想の洗剤・柔軟剤がこの世に存在していたことに感動。計算してみたら、コスパもいいじゃないか!

生乾きの匂いも防止しつつ、敏感肌にも優しく、あきらめていたタオルのふかふかがよみがえったのは良いのだが、気になるのはそのコストパフォーマンス。1本1,000円近くという価格設定は高価に感じる。

 

だがこれも検証してみるとそれほどのコストアップには繋がらないことに気づいた。というのもこの『クレールパリ』は洗剤と柔軟剤の2本分ということになるからだ。おしゃれ着洗い洗剤の標準的な価格は500mlで300円弱、柔軟剤も同程度なので合計600円程度となる。しかし『クレールパリ』は1000ml。ということは600円×2として考えると1,200円になってしまい、実は『クレールパリ』の方が安上がりなのだ。さらに衣類用漂白剤を追加したら、もう圧倒的に『クレールパリ』の圧勝だ。まさに感動である。そして感動のあまり、メーカーに直撃してしまった。

 

『クレールパリ』の製造元に直撃! なぜこんなすごい製品を生み出せたのか?

気になるなら、作った人に聞いてみた方がいい。なので株式会社東亜産業 常務執行役員 兼 営業1部責任者 森 康隆氏に話を聞いてみた。

 

おたナビ:失礼ながら…耳なじみのないメーカー名ですが、どういう会社なのですか?

「弊社は日用品・雑貨・化粧品・家電等製造をしているOEMメーカーです。OEMのため弊社の名前が表に出てくることは基本的にありません。ただ一部表示義務がある商品に関しては東亜産業の名前を表記しております。(例えばヘアアイロンやバスボール等)。なのでヘアアイロンやバスボールに興味を持たれている方には東亜産業のことを知っている方もいるかもしれませんね。

 

他には主に珪藻土関連商品、水素商材、ヘアアイロン、洗剤、バスボール等が人気商材です。日本に家電工場と洗剤工場、中国に珪藻土製品工場、ヘアアイロン工場、バスボール工場があり、日本製・中国製の製造工場を問わず、高品質、低価格が実現できる体制を整えています」

おたナビ:「東京インターナショナルギフトショー2016秋」にて、1000mlを無料配布していたのは太っ腹だと思いましたが、その狙いとは?

「やはり”商品を企画しました。皆様、買ってください”では経験上ダメだと思っていました。そこで何か良いアイディアはないかと考えた時、一度皆様にとにかく”使ってもらおう”と考えたんです。商品には自信がありましたので。その結果商品が一人歩きをし、”取扱いをさせてほしい””どこで購入できますか”など多くの問い合わせを頂けました。


第54回東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー秋2016でも女性向け販促品コンテスト準大賞を頂けたのは、ギフトショーで配布し、実際にご使用頂けた結果だと信じています」

おたナビ:OEMメーカーということで、普段はメーカー名を伏せていると思いますが、『クレールパリ』はどのような位置づけの商品になるのでしょうか?

「弊社は化粧品の製造販売、医薬部外品の製造販売許可を取得しています。今後洗剤のOEMもやっていく上で、まずは東亜産業の名前を知ってもらおうと自社ブランドとして発表しました。少しでも認知度が広がるといいんですけど…」

おたナビ:製品でこだわったところとは?

 「こだわった点は、配合バランスと香りの2点ですね。配合面に関しては衣類への刺激や残留量が少なく、効果が長時間持続できる配合に成功しました。

香りについては、市場に出ている商品は香りが強い物が多いので、弊社は鼻につきにくい馴染みのあるエレガントソープの香りを採用しました。日常で使う物ですので。長く使って頂きたいというのと、使った時に「ホッとしてもらいたい」という気持ちを込めました」

 

なるほど、この『クレールパリ』はOEMメーカーとしてたくさんの経験を積んだ上での絶妙なバランスを実現したということらしい。成分的に取り立ててすごいものが入っているだけが、画期的ではないのだなと痛感した。

 

入手はまだまだしにくいけれど、ふかふかをよみがえらせたい人、敏感肌の人、生乾きの匂いに悩まされている人なら一度使ってみる価値はあり!


ただ気になったからといって、この『クレールパリ』、近所のドラッグストアですぐさま購入できるものではないのが現状。Amazonや楽天市場などのネットショップが入手しやすいのだが、送料がかかる場合があるのが難点。ただリアル店舗でも「ドン・キホーテ」「ビバホーム」「イトーヨーカドー」一部店舗、「muy mucho」などで入手可能だ。洗濯ライフに悩んでいるのなら、一度は試してみた方がいいと思う。記者は東亜産業の名を頭の片隅にきっちりメモしておいたので今後の商品選びに役立てたいと思う。

 

Clair PARIS (クレール パリ) 洗濯用合成洗剤 1L
Clair PARIS (クレール パリ) 洗濯用合成洗剤 1L


【6本セット】「Clair Paris クレール パリ」 1000ml プレミアムオールインワン 洗濯用柔軟剤入り洗剤
【6本セット】「Clair Paris クレール パリ」 1000ml プレミアムオールインワン 洗濯用柔軟剤入り洗剤

 

関連記事リンク(外部サイト)

『ヘルシア 五穀めぐみ茶』は体脂肪を減らすのを助ける茶カテキンがたっぷり。意識高い系女子にピッタリ!
『オリレバー』お年寄りでも安心して自動車の乗り降りができる便利ツールを使って検証!
『LED電球 光色切替えタイプ ダイニング向け/浴室向け』昼光色か電球色か、そんな悩みはもう過去のものに!
『いちどにありがとう28』片手でクリップ、一列ごとにまとめて洗濯物が外せる画期的物干しハンガー!
『うがいコップスタンド ペンギンBK/GY』海の中を泳ぐペンギンに癒される、衛生的なコップスタンド!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。