ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Cerevo、走行データをリアルタイムに共有できる自転車用センサー「RIDE-1」を発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Cerevo は、スマートフォンやクラウドサービスと連携して自転車走行中の位置や各種データをリアルタイムに共有できる自転車用センサーデバイス「RIDE-1」を 12 月 19 日に発売しました。価格は 24,800 円 + 税で、Cerevo の直販サイトで販売されています。RIDE-1 は、9 軸センサーや温度 / 気圧 / ライトセンサーと GPS を搭載し、Wi-Fi、Bluetooth、ANT+ のワイヤレス接続に対応した自転車用センサーデバイスで、走行中のログ取りが可能なほか、ハンドルバーなどに取り付けたスマートフォンでデータを確認するサイクルコンピュータとしても機能します。利用中は GPS ベースの移動軌跡や走行スピード、ペース、距離、昇降高度、傾斜角などの一般的なサイクリングデータのほか、ANT+ に対応したスピードセンサー、心拍センサー、ケイデンスセンサー、パワーセンサー(後日対応)も利用できます。RIDE-1 の特徴は、同社提供のクラウドサービスを通じて走行データを外部に公開して、リアルタイムに変化する走行位置や各種データを家族や友人、レースチーム関係者などと共有できるところです。トライアスロンやロードレースの際に現在走行している位置やパフォーマンスを共有するのに最適です。これを行うにはスマートフォンのモバイルデータ接続が必要になります。また、グループ機能を利用すると、複数の RIDE-1 の走行データを一括管理できます。筐体サイズは 145 × 32 × 23mm で、質量は 75g。IPX5 の防滴対応です。本体バッテリー駆動を採用しており、フル充電で 15 時間のトラッキングが可能です。充電は Micro USB 経由で行います。発売時の対応スマートフォンは iPhone のみですが、Android アプリのリリースも予定されています。Source : Cerevo

■関連記事
Google Playストアで書籍やマンガが100円となる「年末年始セール」が開催中
Meizuの2017年製品ロードマップの情報が出回る
HTC “Ocean Note“はディスプレイとカメラが大きな特徴?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。