ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【話題】誰が創ったの?ある日突然街に現れた、ねずみサイズの可愛いお店

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

震えるほどにかわいい!匿名アーティストが創り出す、ねずみサイズのお店
(C)Kristina Sigunsdotter

2016年12月7日、スウェーデン第3の都市であるマルメ(Malmö)の住人たちは、とある違和感に気が付きました。昨日までは無かったお店が、突然街中に現れたのです。しかもそれは人間のための店舗ではなく、ネズミのためのお店! そのかわいらしいミニ・ショップの噂は、スウェーデンのみならず世界中にあっという間に広がりました。

物語の世界に迷い込んだような、ねずみのミニ・ショップ

震えるほどにかわいい!匿名アーティストが創り出す、ねずみサイズのお店
(C)AnonyMouse

こちらが、そのねずみのお店の様子。左側がナッツのお店「Noix de Vie」(ナッツ・ライフのフランス語)で、右側が「Il Topolino」という店名のイタリアン・レストランです。ちなみに「Il Topolino」はミッキーマウスのイタリア名なのだとか。

震えるほどにかわいい!匿名アーティストが創り出す、ねずみサイズのお店

(C)Instagram/AnonyMouse

ショーウィンドウの中も丁寧に作られていて、産地別のナッツがディスプレイされています。

震えるほどにかわいい!匿名アーティストが創り出す、ねずみサイズのお店
(C)AnonyMouse

レストランのテラス席も凝っていますね。そして中には、見覚えのある顔が。

震えるほどにかわいい!匿名アーティストが創り出す、ねずみサイズのお店
(C)AnonyMouse

踏みつぶされないか心配になってしまう小ささです。

震えるほどにかわいい!匿名アーティストが創り出す、ねずみサイズのお店
(C)AnonyMouse

雨に濡れても、絵になりますね! そしてもちろん、横に貼られているポスターや配電箱もねずみサイズです。
では一体、誰がこんなに凝ったねずみの世界を生み出したのでしょうか?

(次のページに続く)

■あわせて読みたい
視点ひとつですべてがアートに。日常を描くミニチュアカレンダーが可愛いらしい
お土産にも! フランスの可愛くて個性的なポストカードたち
日本人が知らない穴場!ハリー・ポッターの世界を再現したカフェ「三本の箒」
世界が絶賛する日本人フローリスト!女性を美しくする「平和のアート」とは?

謎の匿名アーティスト「AnonyMouse」

震えるほどにかわいい!匿名アーティストが創り出す、ねずみサイズのお店

(C)Instagram/AnonyMouse

実は、このかわいらしいミニチュア・ショップとレストランを創り出したのは、とある匿名アーティスト。「AnonyMouse」(アノニマウス)と名乗るこのアーティストは、名前も性別も、個人なのかグループなのかも全て謎。ちなみに「AnonyMouse」は、「匿名」を意味する英単語「anonymous」とねすみの「mouse」をひっかけた通称のようです。

震えるほどにかわいい!匿名アーティストが創り出す、ねずみサイズのお店
(C)AnonyMouse

レストランの横にも、アノニマウスの顔マークが描かれています。

震えるほどにかわいい!匿名アーティストが創り出す、ねずみサイズのお店

(C)Instagram/AnonyMouse

このねずみの世界は、様々なスクラップで構成されています。ボトルキャップ、ワイヤー、マッチ、空き缶などなど、いかにもねずみが利用しそうなものばかり!

震えるほどにかわいい!匿名アーティストが創り出す、ねずみサイズのお店
(C)AnonyMouse

アノニマウスによると、このねずみの世界を創り出そうと思いついたのは、2016年3月だったそう。幼い頃に読んだ(「長くつ下のピッピ」などの作者であるスウェーデン出身作家の)アストリッド・リンドグレンの作品や、ディズニー映画に見られるような「動物が独自の生活を作り上げている」世界をイメージしたのだとか。
では、そんなアノニマスはいったいどんなアーティストなのでしょう?

合言葉は「Cheese out! 」、フレンドリーなアノニマウス

震えるほどにかわいい!匿名アーティストが創り出す、ねずみサイズのお店
(C)AnonyMouse

前述のように、アノニマウスは匿名アーティストで、一切その素性を明らかにしていません。けれど、筆者がこの記事を書くためにメールで問い合わせをすると、すぐに親切で丁寧な返信がありました。コンタクトをする前に抱いていた「怖い人かもしれない」というイメージとは全く逆のフレンドリーさでした。
アノニマスのInstagramでもメールでも最後の締めの言葉は「Cheese out!」(チーズ・アウト!)だったので、これはねずみの世界の「さようなら」のあいさつのようです。作品ばかりでなく、あいさつまでかわいいですね!

震えるほどにかわいい!匿名アーティストが創り出す、ねずみサイズのお店

アノニマスによると、既に次回作に取り掛かっているようですが、当面は今回と同様にスウェーデンのマルメを中心に活動していくそうです。世界進出が待ち遠しいです!
次はどんな世界観を見せてくれるのか、その活動から目が離せません。
Cheese out!

[Anonymouse Are Opening Tiny Shops For Mice In Sweden]
[Instagram/AnonyMouse]
[A photo by Shutterstock.com]

■あわせて読みたい
「ミニチュア×美味しい」が生み出す世界!ほっこりする可愛いカードたち
【NY5番街】夢の世界へ誘う、ホリデー・ウィンドウ2015
映画ファンにはたまらない空間、ニューヨークの映画博物館
おとぎの世界のような風景に魅せられる!ロマンティック街道の小さな街3選

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。