ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

深呼吸したくなる!美しすぎる沖縄のおすすめ聖地4選♪

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
深呼吸したくなる!美しすぎる沖縄のおすすめ聖地4選♪ おすすめ聖地アイキャッチ

太古からの自然の中に神様を見いだし、「御嶽(うたき)」として祀っている沖縄は、まさにパワースポットの宝庫と呼べる場所。そんな聖地と言われるスポットは、興味がある人はもちろん、観光気分で訪れてみた人も、ただいるだけで穏やかな気持ちになるから不思議。

今回は、数多くある沖縄の聖地から厳選した、自然のパワーに思わず深呼吸したくなる、美しき祈りの地を4つご紹介いたします。沖縄の人たちにとって神聖な場所なので、マナーを守って気持ちよく見学するようにしましょう。

1.久高島【南城市】

琉球の創世神の降臨伝説が残る神様の島へ、船で上陸。

久高島

散策道路「ロマンスロード」から浜へ出ると、美しい海と空が広がる久高島 フェリー

安座真港から高速船とフェリーが1日6往復。海上タクシーも利用可久高島

アマミキヨが降り立ったという聖地「カベール岬」へと続く一本道久高島

拝殿、久高御殿庭(くだかうどぅんみゃー)では、多くの祭祀が行われる

港から高速船で15分。人々の祈りの聖地として注目を集めている、周囲8kmほどの小さな島は、古くから「神様の島」とあがめられてきた神聖な場所。琉球の創世神アマミキヨが初めて降り立ったとされることから、多くの神話が語り継がれる。琉球七大御嶽のひとつ「フボー御嶽」(立ち入り禁止)や「カベール岬」などが点在。 久高島(くだかじま)

TEL/098-835-8919(久高島振興会)

住所/沖縄県南城市知念久高

営業時間/島内散策自由、ガイドツアーは予約時に要相談

料金/ガイドツアーは1時間4名5000円~

アクセス/那覇空港道南風原南ICより30分で安座真港へ。安座真港から高速船で15分、フェリーで25分

駐車場/安座真港の駐車場(54台)を利用

「久高島」の詳細はこちら

2.ハートロック【今帰仁村】

島全体がパワースポット 恋の島でハートをキャッチ。

ハートロック

2つの岩が仲良く寄り添うように佇むハートロック 案内看板

古宇利大橋を渡って左へ行くと、道のあちこちに看板が出ているハートロック 道のり

ハートロックまでの道のりは狭くて急勾配。歩きやすい靴で!

アダムとイブの物語のような伝説が残る古宇利島。別名「恋の島」とも呼ばれているほど。ティーヌ浜にあるハートロックは島のシンボルとされている。ひとつひとつの岩の形もハートのようだけど、2つの岩が重なって見えるポイントへ移動すると、美しいハートの形に。 ハートロック

TEL/0980-56-1057(今帰仁村観光協会)

住所/沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利

営業時間/散策自由

アクセス/沖縄道許田ICより40分

駐車場/近隣に有料駐車場あり

3.浜比嘉島【うるま市】

琉球の創世神と言われる夫婦の神様を祀る島。

浜比嘉島

海に突き出た小さな島に夫婦の墓と言われる霊場が佇む「アマミチュー」浜比嘉島

上の小島から車で5分ほどの所にある「シルミチュー霊場」浜比嘉島

霊場まではおよそ100段の階段を上がる

海の上を走る海中道路を渡ると、その先には平安座島・浜比嘉島・宮城島・伊計島と、4つの島が現れる。そのうちの一つ・浜比嘉島は昔から霊場が多く、昔から神の島と呼ばれていて、中でも「シルミチュー」は琉球を開いたと伝わる夫婦が住んだとされる特別な場所。厳かな雰囲気の中、お参りしてパワーをもらおう。 浜比嘉島(はまひがじま)

TEL/098-923-7634(うるま市商工観光課)

住所/沖縄県うるま市勝連比嘉(シルミチュー霊場)

営業時間/参拝自由

アクセス/沖縄道沖縄北ICより40分

駐車場/30台

「浜比嘉島」の詳細はこちら

4.斎場御嶽【南城市】

世界遺産にも登録された琉球王国最高峰の聖地。

斎場御嶽

巨大な岩を通り抜ける「三庫理(さんぐーい)」斎場御嶽 入口

御嶽内へ入る参道の入口へと続く。歩きやすい格好で行こう斎場御嶽

緑の遥拝所(うとうし)から見えるのは、神様の島・久高島

琉球の創世神アマミキヨが国始めに作った、と言われる七御嶽の一つ。敷地内各所には琉球最高位神女「聞得大君(きこえおおぎみ)」の即位の儀式が行われた拝所「大庫理(うふぐーい)」など、6つの神聖な拝所が点在。洞門をくぐり抜けた先からは久高島を望める。 斎場御嶽(せーふぁうたき)

TEL/098-949-1899(緑の館セーファ)

住所/沖縄県南城市知念久手堅539

営業時間/11月~2月・9時~17時30分(最終チケット販売は16時45分※最終入館17時)、3月~10月・9時~18時(最終チケット販売は17時15分※最終入館17時30分)

定休日/2017年は5月26日~28日、11月18日~20日

料金/高校生以上300円、小・中学生150円(入場券は南城市地域物産館にて販売)

アクセス/那覇空港道南風原南ICより30分

駐車場/地域物産館前の駐車場(57台)を利用

「斎場御嶽」の詳細はこちら

※この記事は2016年11月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

2016年爆売れSAPAグルメ!ほめられご当地土産5選【関西近郊】
ワガママを叶える!大人女子におすすめ!「夢」の沖縄旅♪【スイーツ・パン編】
ちょっと優雅に贅沢に♪憧れのホテルでランチビュッフェ【沖縄】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。