ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「絶景雪見露天」が素敵すぎる!名湯宿を厳選!銀世界に癒されよう【東日本】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「絶景雪見露天」が素敵すぎる!名湯宿を厳選!銀世界に癒されよう【東日本】 山水閣

寒い冬、温泉宿でのんびりと過ごしたい!でも温泉宿って、たくさんありますよね。日本には、効能豊かな源泉を有した温泉宿が豊富に存在するので、どこにしようかと迷う人も多いと思います。

そこで、温泉の達人に「とっておき」を教えていただきました!今回は、冬ならではの楽しみ、絶景の雪見露天が素敵な名湯宿をご紹介します。

温泉はもちろんのこと、料理も客室も極上!一面の銀世界と温泉で、心身が癒やされますよ。この冬は、ちょっと贅沢な大人の雪見宿で過ごす休日はいかがでしょうか。

温泉の達人のとっておき

All About温泉ガイド 藤田 聡(ふじた さとし)さん

雪見露天風呂が絶景の宿は、春には新緑が美しく、秋は紅葉が素晴らしい、一年中愛用したい宿でもあります。源泉かけ流しで極上の温泉を満喫できる上に、客室や料理、接客面もハイレベルな宿を厳選しましたオールアバウト温泉ガイド藤田聡さん

第1回温泉旅行検定試験で全国1位となり、温泉旅行博士の称号を獲得。翌年も連覇。温泉泉質と源泉かけ流しにこだわる温泉研究家で、入浴温泉数は数千を超える。All About 温泉、紅葉スポットガイド

数々の温泉地を巡ってきた温泉研究家、藤田聡さんに教えて頂いたのは見事な雪景色と共に、効能豊かな湯を楽しめる「絶景雪見露天」の宿。きんと冷えた空気の中で湯に浸かる、至福の時間をご堪能あれ。

赤倉観光ホテル【新潟県妙高市】

標高1000mの露天風呂で静寂に包まれるひととき。

赤倉観光ホテル

男性露天風呂。湯に浸かったまま一面の銀世界を眺めることができる/湯船の中から信越の山々を望む赤倉観光ホテル

女性露天風呂から眺める夜の神秘的な光景。運が良ければ一面を覆う雲海に出会うことも/まるで雲海に浮かんでいるよう赤倉観光ホテル メインダイニング

フレンチのメインダイニングルーム「ソルビエ」。大きな窓から見渡す雄大な妙高の景色もごちそうの一つ赤倉観光ホテル

和室・洋室・露天風呂付客室など、様々なタイプを取り揃えた客室赤倉観光ホテル

「SPA&SUITE」最上階のアクアテラスからは水盤越しの絶景を望む赤倉観光ホテル 懐石料理

日本海の海の幸や山の幸を盛り込んだ懐石料理をご賞味あれ赤倉観光ホテル フレンチディナー

素材の味を存分に生かした本格的なフレンチディナーもいただける

達人コメント

標高1000mのスキー場内にあり、大浴場や客室の露天風呂では、野尻湖まで一望する雪原のパノラマが絶景だ!湯の花が舞う温泉も絶品で、浴場の高級感も日本屈指。

かけ流しで楽しめるボーリングなしの自噴泉。

妙高戸隠連山国立公園の中という自然豊かな地に佇む「赤倉観光ホテル」。妙高山の中腹、標高1000mの場所に立つというだけあって、荘厳な山々の景色を楽しめる眺望自慢の宿である。スキー場と直結しており、冬はスキー客でにぎわうこちら。日中スキーを楽しんだ後は、ホテルに戻ってすぐに温泉という贅沢を叶えてくれる。

露天風呂に身を浸せば、目の前に広がるのは、純白の雪を戴く山々と、自然の木々。遮るもののない銀世界を眺めていると、心身がゆるゆると解放されていくのを感じる。冷たい空気の中でも湯冷めしにくいのは、妙高山の中腹から自噴している源泉の泉質のおかげだそう。かけ流しの湯と雄大な景色を眺め、誰にも邪魔されないひとときを堪能しよう。この景色をさらに独り占めしたいという人なら、10室ある温泉露天付きテラスルームを予約するのもいい。

夕食には、メインダイニングルームでいただくフレンチか、旬菜ダイニングでいただく日本料理を。いずれも窓の外には山の上に立つホテルならではの雄大な景色が広がっており、食事の時間に彩りを添えてくれることだろう。 赤倉観光ホテル

TEL/0255-87-2501

住所/新潟県妙高市田切216

料金/1泊2食2万6070円~

アクセス/電車:JR信越本線妙高高原駅よりタクシー又は無料シャトルバスで10分 車:上信越道妙高高原ICより10分

泉質/硫酸塩泉・炭酸水素塩泉

泉温/源泉50.2℃

pH/7.0

「赤倉観光ホテル」の詳細はこちら

大沢温泉 山水閣【岩手県花巻市】

宮沢賢治も愛した湯から銀白の清流を眺める。

山水閣

「湯治屋」にある名物風呂、「大沢の湯」。「山水閣」とは廊下でつながっているのでスリッパのまま移動できる/雪の豊沢川を眺めながら湯浴みを満喫山水閣

「山水閣」新館の客室山水閣

大きく開けた窓から銀世界を望む、山水閣の「山水の湯」。山水閣専用の家族風呂も3カ所備える山水閣 ロビー

対岸の景色を眺めることができる優雅なロビー

達人コメント

川沿いの露天風呂で、清流と山々の雪景色を堪能できる。料理もよく、広くて美しい新館川側客室を指定しても、1万円台~で泊まれるのは、驚くべきコストパフォーマンスだ。

湯めぐりを楽しむ贅沢な寛ぎの時間。

岩手県花巻市の山間に包まれた「山水閣」。宮沢賢治など多くの文人に愛されてきた宿としても知られており、その泉質の良さから年間を通して多くの温泉ファンが訪れている。

大沢温泉は昔ながらの湯治場といった雰囲気が残る里山のいで湯だが、敷地内には「山水閣」のほか昔ながらの自炊部「湯治屋」、対岸に立つ茅葺き屋根の別館「菊水舘」があり、それぞれで違った雰囲気の6つの湯船を備えている。「山水閣」の宿泊客は他の2棟の湯船を利用することができるので、もらい湯気分で湯めぐりを楽しみたい。

中でもおすすめは、大沢温泉の名物でもある宮沢賢治ゆかりの「大沢の湯」。こちらは混浴だが、女性専用時間(20時~21時)もあるので、利用するのも良い。 大沢温泉 山水閣

TEL/0198-25-2021

住所/岩手県花巻市湯口字大沢181

料金/1泊2食1万5270円~

アクセス/電車:JR新花巻駅より花巻南温泉峡シャトルバス(15時10分・16時10分・17時10分発) 車:東北道花巻南ICより15分

泉質/アルカリ性単純温泉

泉温/源泉51.2℃

pH/9.0

「大沢温泉 山水閣」の詳細はこちら

湯元 長座【岐阜県高山市】

古民家の佇まいを今に残す風情豊かな秘湯の宿。

湯元長座

秘湯ムードあふれる大浴場の露天風呂。かけ流しの湯は体の芯から温まる/4本の源泉を持ち、常に新鮮な湯が湯船に注ぐ湯元長座

古民家を移築した外観は圧巻の迫力。提灯が灯る夕暮れ時も美しい湯元長座

丁寧に調理された山の幸がずらりと並ぶ夕食もお楽しみ。地酒と合わせていただこう

達人コメント

大浴場や家族湯の露天風呂でも雪見が楽しめるが、「かわらの湯」は河原の広大な雪景色が絶景で、夜にはライトアップされる。渡り廊下の雪景色も非常に美しく必見だ。

雄大な北アルプスに抱かれた温泉地、福地温泉。この地で長年愛されてきた「湯元 長座」は、奥飛騨を代表する温泉宿の一つである。提灯で灯された風流な通路を進むと、木の太い梁が圧巻の古民家建築が現れ、秘湯気分をいっきに盛り上げてくれる。こちらの宿には大浴場の露天風呂に加えて3つの貸切露天風呂と、離れの露天風呂「かわらの湯」があり、冬にはいずれの湯からも、ライトアップされた雪景色を眺めることができる。 湯元 長座(ゆもと ちょうざ)

TEL/0578-89-0099

住所/岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地786

料金/1泊2食2万2680円~

アクセス/電車:JR高山本線高山駅より新穂高行きバス(福地経由)で福地温泉下下車(送迎あり、要予約) 車:東海北陸道経由中部縦貫道高山ICよりR158経由1時間

泉質/単純温泉、単純温泉、単純温泉、塩化ナトリウム-炭酸水素泉

泉温/源泉76.1℃、46.3℃、53.6℃、70.2℃

pH/7.2、6.9、6.03、6.8

「湯元 長座」の詳細はこちら

四万たむら【群馬県中之条町】

7本の自家源泉を持つ湯量豊富な老舗温泉旅館。

四万たむら

露天風呂「森のこだま」から見た雪景色。目の前の清らかな川の流れに癒されよう/湯船からは迫力ある滝を眺めることができる四万たむら

山々の景色に包まれ静寂の時を過ごせる「プレミアム木涌館」の客室四万たむら

総檜造りの「御夢想の湯」。風情あふれる湯殿に浸かり、源泉の湯を堪能しよう

達人コメント

浴場が多数あり、館内で湯めぐり三昧できる宿。露天風呂から雪見と滝の絶景を満喫できる。「プレミアム木涌館」や上級懐石にグレードアップすれば、高品質な客室と料理に圧倒される。

古くは室町時代から湯治場として栄えた四万温泉。その中でおよそ500年の歴史を誇る「四万たむら」は、まさに四万温泉を代表する老舗旅館といえるだろう。到着すると出迎えてくれるのは、重厚な入母屋造の玄関。中に足を踏み入れると、伝統を守り続ける落ち着いた雰囲気に心が癒される。冬に訪れるなら、ぜひおすすめしたいのが、間近で滝の落ちる様を眺めながら浸かる雪見露天。7本の自家源泉から注ぐ温泉は、6つの湯殿で楽しめる。時を忘れて、のんびりと湯めぐりしたい。 四万たむら

TEL/0279-64-2111

住所/群馬県吾妻郡中之条町四万4180

料金/1泊2食2万3910円~(プレミアム木涌館)~

アクセス/電車:JR吾妻線中之条駅より関越交通四万温泉行きバス終点より徒歩3分 車:関越道渋川伊香保ICより1時間

泉質/ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉

泉温/源泉70~80℃

pH/6.7

「四万たむら」の詳細はこちら

※記載している宿泊料金は、特に断りのないかぎり、平日大人2名1室利用時の1名料金で税金(消費税8%、温泉の場合は入湯税)とサービス料を含みます。

※料理などは季節や天候によって変更になる場合があります。

※泉質名は旧泉質名となっている場合があります。

※この記事は2016年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

世界の首脳陣にもお披露目!志摩の美しいもの集めました【三重】
仙台を満喫!人気の「秋保・作並」で体験&まったり温泉旅【宮城県】
神戸におでかけするなら1月がおすすめ!子供と一緒に家族で楽しめる人気観光スポット20選!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。