体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『360°BOOK 地球と月』本を開くと立体的なジオラマに大変身するびっくりプレゼントに最適な一冊!

株式会社青幻舎が発行する『360°BOOK 地球と月』は360度、つまり円形に開いて楽しむ新感覚のギフトブックだ。アートとしての評価も高い一冊を通して、宇宙の世界を覗いてみよう!

大半が手作業で生み出された”ものづくり日本”の意地を見せる繊細なプロダクト。デザイン性も抜群だから、大人も欲しくなる! 

「360°BOOK」は、本を開くと立体的なジオラマが現れるという画期的な作品。一級建築士・大野友資が手がける人気シリーズで、過去に「白雪姫」「富士山」が発行され、この『360°BOOK 地球と月』(税別2500円・20116年10月刊行)はシリーズ第3弾となる。

『360°BOOK 地球と月』を手に取ると、12cm×12cmという本にしては小さめの正方形。一瞬これ自体が本なのかと思ったが、実際のところこれは紙製のケース。宇宙を思わせる黒色をバックに、大きな地球と、そのまわりを回る月、タイトルはシルバーの箔押しというなんともアーティスティックなデザインだ。ギフトブックにふさわしい高級感が溢れている。

さっそく開くと、ケースより一回り小さな本が一冊。9cm×9cmと手のひらサイズで、想像よりかなり小さい。ケースの内側には、“地球と月”の略歴と、著者のプロフィールが書かれている。

本の表紙には、ケースと同様に地球と月。ただし、先ほどの地球と月とはサイズや位置が逆になっている。

 

二次元から三次元へ!見る者を惹き付ける繊細なジオラマ

いよいよ本をオープン。お、お、お、お、お~!!!ページの下部が糸で繋がれており、無造作に開いても自然と本が綺麗な円を描いてくれる。目の前には突如地球を模したジオラマが出現。これは感動的だ。その繊細さは一目瞭然で、ここにある宇宙にはどんな物語が詰まっているのかとワクワクする。ちなみにページとページを等間隔に保つため、1ページずつ手作業でこの糸はつけられているのだそう。大変な手間である。

本と言っても、『360°BOOK 地球と月』に文字はひとつも見当たらない。現れたジオラマの中に表現されたストーリーを、自分なりに読み取っていくということだろう。

ページはそれぞれ1枚の紙をカットして作られており、複数枚が重なることで奥行きが見事に表現され、立体的になる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。