体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キーワードは「ナチュラル」な仕上がり。出動! 男の“ムダ毛”処理班

f:id:ponparemall:20161227131805p:plain

今の時代、グルーミングはもはや男の必須科目。特に身だしなみとして、つねに気を付けておきたいのが“ムダ毛”の処理です。鼻毛がひょっこり出ているなんてのはもちろん論外! 男らしくワイルドを気取ったつもりでも、ボサボサの眉毛やモジャモジャのスネ毛は女の子から見ればただ不潔なだけとか。かといって、整えすぎた細すぎる眉毛やツルツルの足も「やりすぎ」な印象で女の子ウケはイマイチらしい。

だったら僕らはどうすりゃいいの…? と途方に暮れかけたそこのキミ、これからご紹介するグルーミンググッズを試してみて!

ツルツルではなく、ほどよく毛を残す「レッグトリマー」!

f:id:ponparemall:20161227131751j:plain

「冬なんだし、見えないスネ毛は気にしなくても…」、そんなふうに思っているなら甘いです! “いざ”というとき、モジャモジャのスネ毛が足に触れてゲンナリした経験を持つ女の子は意外と多いようなんです。男たるもの、いつでも準備は完璧にしておかなくてはいけませんよね。

そこでおススメなのが、貝印の「レッグトリマー」です。貝印は日本最大の刃物の都、岐阜県で生まれ100年の歴史を持つ老舗メーカー。こちらの商品の最大の特徴は、ヘッド部分のクシ状トリマー。この形状により、スネ毛をただツルツルにするのではなく、毛を適度に残して処理できるようになっています。

f:id:ponparemall:20161227131851j:plain

向かって左がスネ毛処理後、右足と比べると清潔感がまるで違います

以前にバリカンでスネ毛を短くした経験のある筆者が試したところ、全体に同じ長さに仕上がるバリカンと違い、適度にムダ毛を間引いたような自然な仕上がりに。カミソリの刃の切れ味はさすが老舗、という印象です。

貝印 レッグトリマー 2本入/388円(税込)

自然な眉毛に仕上がる! 「マユシェーバーキット」!

f:id:ponparemall:20161227132048j:plain

野暮ったい印象になりがちなボサボサの眉毛を整えてくれるのがこちらの商品、パナソニックの「マユシェーバーキット」。手にしたところ、重さはボールペン1本程度でとっても軽いです。単4アルカリ電池1本で約1か月間使用可能だそう(1回5分、週に2回の使用)。

f:id:ponparemall:20161227132121j:plain
1 2次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。