ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

そのレザー寿命切れかも?リアルとフェイクの違い

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

あなたのレザーには寿命があるかも?!リアルとフェイクの違いって何?
冬の定番、レザージャケットやレザーブルゾン。素材としては2種類あるのをご存知ですか?見た目はあまり変わらないのですが、お値段は違いますね。実はリアルとフェイクがあるのです。違いを知らないといろいろとトラブルになることがあります。それぞれの特徴をお伝えします。

リアルとフェイクは何が違うの?

リアルレザー(本革)は、牛革などのように毛がついていないもので、動物の皮(皮膚)に「なめし」という加工をした革のことです。フェイクレザーは本革に似せて作られたもので、基材と呼ばれる生地のベースになる素材にポリウレタンという素材をコーティングして作られます。

基材の違いで合成皮革と人工皮革がありますが、特徴はほぼ同じです。フェイクレザーに比べてリアルレザーは重いですが、徐々に柔らかくなってなじんでくるといわれています。

レザージャケットのイメージ

寿命があります

本革は、使っていくと色味が変わる、柔らかくなってなじんでくるなど、いわゆる「味」が出るとされています。きちんと手入れをして使えば10年、20年と長く使えます。

一方、フェイクレザーの寿命は2~3年とされています。素材のポリウレタンは、時間が経つと、表面がベタベタしたり、ひび割れたり、はがれたりしてきます。しかもこのような劣化は未使用でも起こります。

作られてから売れるまでの期間も劣化が進むということです。セールなどで前シーズンのものが安く販売されることがありますが、フェイクレザーの場合にはポリウレタンの劣化がすでに始まっているかも知れませんから要注意です。

クローゼットにあるレザージャケットのイメージ

お手入れ方法

リアルレザーの普段のお手入れは、着た後に乾いた布で拭く、湿気によるカビを防ぐために陰干しするなどで良いでしょう。着ていると、私たちの体から出る皮脂や水分を吸収するので乾燥が起こりにくく、皮にとっては良い状態が保てます。でもしばらく着ないでいると乾燥してくるので、保湿が必要です。専用の保湿クリームを全体に薄く塗りましょう。

長くしまう場合は、ミンクオイルなど専用のオイルを塗ると良いですね。こちらも薄く塗り、完全に乾かしてからしまいます。乾いていないとカビが発生しやすくなります。カビは表からは見えなくても、裏地との間に発生していることがあります。これが臭いの原因となるのです。

クリーニングは皮革専門店にお願いしましょう。クリーニングから戻ってきたら、袋から出して厚みのあるハンガーにかけて保管しましょう。細いハンガーでは型崩れし易いですし、袋に入れたままだとかびが発生する場合があります。

フェイクレザーのポリウレタンは熱、水、紫外線によって劣化が進みます。着用後は陰干しで乾燥させる、濡れたらできるだけはやく水分をふき取り湿ったままにしない、などに気を付けましょう。

雨の日のレザージャケットのイメージ
リアルレザーと違って乾燥などの心配はないので、クリームやオイルによる保湿などの手入れは不要です。高温多湿と光を避けて保管しましょう。水洗いできるものもあります。洗濯表示を確認しましょう。クリーニングは皮革専門でなくとも大丈夫ですが、合成皮革であることを伝えた方が安全です。

フェイクレザーには、数は少ないですが塩化ビニル製のものがあります。これは、ドライクリーニングの洗剤である有機溶剤で硬くなりますので、ドライクリーニングはできません。

おわりに

思い切ってリアルレザーを買い、きちんとお手入れをして変わっていく「味」を楽しみながら大切に長く着るか、それとも2~3年と割り切ってお手入れなども簡単なフェイクレザーで遊ぶか、違いをきちんと知った上であなたのベストチョイスをして下さいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

帰宅後のヘトヘト&ストレスも解消!素敵なベッドルームアイディア3つ
太ももの引き締め&セルライト除去に!お風呂上がりの脂肪撃退マッサージ
アラフォーからの「代謝アップ生活のために必要な15個のこと」~体温UP編~
「冷えないカラダ」をつくるためにできること3つ
脂質を味方に!乾燥しやすい冬におすすめの潤い美肌ダイエット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。