体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年も大盛況! 2016年アメコミ映画・TV界ベスト10大発表!!! ついに1〜5位 【後半】

今年も大盛況! 2016年アメコミ映画・TV界ベスト10大発表!!! ついに1〜5位 【後半】

SPIDER-MAN: HOMECOMING – Official Trailer (HD)より
前回に引き続き今年のアメコミ映画・TVまわりのベスト10をお届けしましょう。今回はベスト5です。

05位:アメコミ映画の影響をうけクロスオーバー手法が新たなブームになる?

“世界のいたるところにヒーローがいる”という世界観の中でマーベルやDCは様々なヒーロー映画を作り、共演ないし競演させているわけですが、この手法(クロスオーバーといいます)を使った物語手法がアメコミ以外のジャンルでも展開されそうです。

『キングコング:髑髏島の巨神』©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
来年公開の注目作『キングコング:髑髏島の巨神』、『ザ・マミー(原題)』はまさにそれを狙った作品。

まず『キングコング:髑髏島の巨神』は2014年のハリウッド・ゴジラと世界観を共有するもので、2020年のハリウッド版”キングコング対ゴジラ”につながるとされています。


さらに『ザ・マミー(原題)』は1932年の古典モンスター映画『ミイラ再生』のリメイク(この作品を冒険活劇としてリメイクしたのが1999年の『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』)です。これを機に狼男、ドラキュラ、フランケンシュタイン、大アマゾンの半魚人らの映画がリメイクされ、いずれ共演するらしいのです!


ヒーロー世界、怪獣世界、怪物世界……どれも楽しみですね!

04位:マーベル フェイズ3始まる!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』©Marvel Studios 2016
『シビル・ウォー:キャプテン・アメリカ』を皮切りに、いよいよマーベル・シネマティック・ユニバースのフェイズ3が始まりました。フェイズ3とは第三段階、第三期の意味。マーベルはこういう風に期間をくぎって作品戦略の見直しやプラニングをするわけです。 現状フェイズ3は

・『シビル・ウォー:キャプテン・アメリカ』(16)

・『ドクターストレンジ』(17年1月27日(金)日本公開)


・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(17年5月12日(金)日本公開)


・『スパイダーマン:ホームカミング』(17年8月11日(金)日本公開)

・『ソー:ラグナロク(原題)』(17年11月3日(金)全米公開)

・『ブラックパンサー(原題)』(18年2月16日(金)全米公開)

・『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー(原題)』(18年5月4日(金)全米公開)

・『アントマン&ザ・ワスプ(原題)』(18年7月6日(金)全米公開)

・『キャプテン・マーベル(原題)』(19年3月8日(金)全米公開)

1 2 3次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会