ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スイッチはどこ?オランダ発のランプ「Heng」がおしゃれすぎ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Heng部屋に置いたらおしゃれ空間を演出してくれること間違いなしのランプがクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

オランダ発のランプ「Heng Balance Lamp」。パッと見て、ランプだと認識する人はまずいないであろう、ユニークなデザインが目をひく。

・2つのボールがスイッチ

Hengは木製フレームの中に木のボールが2つ、空間に浮くようなデザインとなっている。えっ、これだけ?スイッチはどこにあるの?多くの人が首をかしげるだろう。

Heng2実はその2つのボールがスイッチ。ボールは上下それぞれから伸びるストリングにつながっていて、下のボールを上のボールに近づけると灯りがともる仕組みになっている。

・マグネットでオン!

仕掛けはいたってシンプルだ。ボールの中にはマグネットが入っていて、近づけて互いに引き合うことで電気が流れる。そしてフレーム内に収まっているライトがつくのだ。

たったこれだけのことだが、発想が新しい。そしてデザインも斬新で、国際的なデザイン賞、reddot award 2016に輝いた。

Heng3気になるお値段はというと、意外にもお手頃でKickstarterでは今なら42ユーロ(約5100円)の出資で入手できる。

HengはKickstarterに登場してわずか25時間で目標額の1万ユーロ(約122万円)を達成し、現在2万ユーロ(約244万円)超を集める人気ぶり。世界中どこにでも発送してくれるので、インテリアにこだわりたい人はサイトをのぞいてみてはいかが。出資期限は2017年1月30日となっている。

 Heng Balance Lamp/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2612278/video-729925-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。