ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

モモナチュラルの家具の買取価格紹介!買取店と高く売るコツ

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

”Simple & Natural”をテーマに活動をする日本の家具メーカー、モモナチュラル。時代のファッションリーダーより永遠のスタンダードメーカーでいることを意識した物作りは、新品だけでなく中古市場でも人気があります。

今回は、そんなモモナチュラルの家具の買取情報をお届けします。どんなものがどれくらいの値段で売れるのか?高く売るコツは?おすすめの買取店は?など、幅広い角度でご紹介します。

モモナチュラルとは

null出典:モモナチュラル
モモナチュラルは、1953年に創業し、現在も岡山県に拠点を置く日本の家具メーカーです。長い年月大切に育てられたニュージーランド産の木材を使用し、岡山の工場で職人が丁寧に家具を製造しています。

経年変化を楽しむことができ、なおかつ時が経っても飽きがこないプロダクツは、何世代にもわたって長く使えるものばかり。それもあって、飽和状態とされている日本の家具市場の中でも不動の人気を築いています。

モモナチュラルの高く売れる家具

null
ここで、モモナチュラルの家具の中でも高く売れるものをいくつかご紹介します。買取店や時期によって買取価格は変動するため、参考としてご覧ください(価格は2016年12月29日時点です)。
出典:買取ドットコム

キッチンボード「LAND」

買取価格12,000円

ソファ「PATORU STANDARD 3P SOFA」

買取価格15,000円

チェスト「CIELE CLASSIC 60」

買取価格10,000円

カップボード「LAND CUP BOARD 770」

買取価格12,000円

デスク「COMO 90 DESK」

最高買取価格10,000円

上記の値段を見ると、モモナチュラルの家具は1万円台〜2万円台が相場のようです。参考にしてみてください。

モモナチュラルの家具を高く売るコツ

null
家具の買取なんて、人生で何度もするものではないですよね。戸惑いや不安を抱えたまま、言い値で売ってしまう人も多いのではないでしょうか。今回はそうならないためにも、査定に出す前に事前にできるちょっとしたコツをご紹介します。

汚れを落とす

ホコリや調理などで付いてしまった汚れがあれば、手間を惜しまずに落とすようにしましょう。また軽いキズなどであれば、水拭きをして乾かすことによって多少目立ちにくくなります。買取に出す前に、一度製品全体を見るようにしましょう。

複数まとめて出す

モモナチュラルの製品は価値があるので単品でも値段がつきやすいですが、できれば複数点同時に買取に出すと、高価買取につながる可能性があります。特に、同じシリーズのものを同時に出すと好印象です。

不要と思った早めに出す

どの製品も、圧倒的な人気のあるものを除いては時が経つと価値が下がる傾向にあります。つまり、販売して間もないものはかなり価値が高いのです。もしモモナチュラルの家具で不要なものがあれば、早めに決断をして買取に出すようにしましょう。

モモナチュラルの家具の査定基準

null
モモナチュラルの査定基準は他のメーカーと同様、状態、購入時期、商品シリーズおよび商品名、取扱説明書などの付属品の有無が挙げられます。商品のシリーズおよび商品名がわかれば、ある程度の販売時期と価格がわかるので、これがかなり重要です。

口頭で伝えるより、購入したお店のレシートや領収書があるとスムーズに進むので、レシートや領収書を保管して置くと良いでしょう。またカラーについて、ホワイトよりナチュラルの方が他の家具と同調することから値段がつきやすい傾向にあります。

おすすめの買取店

null
モモナチュラルの家具を買取に出すなら、どのお店が良いのでしょうか。参考までに2店舗をご紹介します。

アドア

null出典:アドア
世田谷区上用賀にある家具、家電、楽器に特化したリサイクルショップ。モモナチュラルやカリモク、パシフィックファニチャーサービスといった人気国内家具ブランドに関しては、高価買取を実施しています。また、ホームページには注目しているモデルも記事として紹介しています。

買取方法は出張買取のみです。電話もしくはメールフォーマットにて申し込みをして、後日にスタッフが訪問して査定し、金額に納得すればその場で現金にて買取をしています。出張買取に絞ることによって、利用者が重いものをお店に持っていく手間が省けるのと、実際にスタッフが直に見て適正な値段をつけられるのがポイントです。

ホリホック

null出典:ホリホック
静岡県に倉庫兼事務所を置く家具専門買取専門店。モモナチュラルからカリモク60、ウニコといったドメスティックメーカーの他、シモンズやキングスダウンといったベッドメーカーも積極的に買取しています。

買取方法は持込、出張、宅配買取の3種類。持込買取と出張買取を実施する家具の買取方法は他でもありますが、宅配による買取を実施するのは滅多にありません。お店に持っていくには重すぎるし、スタッフと日程の折り合いがつかないという人は、こちらを利用すると便利です。

買取時の注意点

null
モモナチュラルなどの家具を買取に出す時の注意点をいくつかご紹介します。

高さ190、幅150cmを超える巨大家具は断られることも

お店によっては、高さや幅はあまりにも大きい巨大家具に関しては、買取を断られることがあります。この大きさのものは、主に業務用に作られた特注品に見られます。買取に出す時には、サイズには注意する必要があります。

タバコの臭いや血が付いているものも不可の可能性大

ソファやベッドなどで、タバコの臭いや血が付いているものも、買取を断られる可能性があります。通常の汚れやキズは減額ですみますが、タバコの臭いは拒否反応を示す人がいるのと、血が付いていると問題物と判断されてしまうことがあるためです。

偽造品や改造品にも注意

モモナチュラルを模倣した偽物や、オリジナル品に改造を加えたものも、買取を断られる可能性があります。ただ、オリジナル品のオプションを一緒に出すことはプラス評価になります。査定時にその旨を伝えておきましょう。

まとめ

国内家具メーカーでも人気が急上昇しているモモナチュラル。職人による本物志向の製品を作っているだけでなく、将来長く使えるようなデザインと素材を厳選していることから、中古市場でも人気が高まっています。

もしモモナチュラルの家具を不要と思った人は、上記でご紹介した金額や買取店を参考にして、買取に出してみてはいかがでしょうか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。