ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『ローグ・ワン』反乱軍の情報将校役、ディエゴ・ルナに直撃! 「過去のシリーズのなかでも一番地に足が着いた内容になっていると思う」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『ローグ・ワン』反乱軍の情報将校役、ディエゴ・ルナに直撃! 「過去のシリーズのなかでも一番地に足が着いた内容になっていると思う」

“シリーズ最高傑作!””涙腺崩壊”などシリーズ初の”泣けるスター・ウォーズ”と話題沸騰中の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。そのローグ・ワンのメンバーで反乱軍の情報将校キャシアン・アンドー役のディエゴ・ルナは、本作をどう観たか――

――本作は国際色豊かな豪華キャストとの共演が実現していて、話題にもなっていますね。
 
多様性があるよね。現代は多様性があるからこそ豊かになっていて、パワフルであると言ってもいいと思う。映画の市場は一か国だけでなく世界全体でもあるわけで、映画を観る観客も自分自身を投影してほしいと思っているはずなので、映画を作るにはいい時代だと僕は思う。お互いを補いあうことで、素晴らしい映画が生まれていくと思うよ。

――キャシアンは、複雑なキャラクターですよね。善悪がはっきりしないメンバーをまとめあげ、立ち向かっていく。どのようにアプローチしたのですか?
 
そう思う。今回は特別な作品になっていて、白黒はっきりしていないキャラクターは、まさしく僕たちの”リアル”だからね。キャシアンたちはさまざまな段階を経て、さまざまな選択をしていくけれど、その選択が場合によっては良いように見えないこともあるかもしれない。その結果は、映画を観てみればわかるけれど。

――過去作は善悪がはっきりしていましたが、本作は言ってみればグレーな人間たちが結束していくドラマでした。
 
キャシアンも銀河に自由をもたらすためには、手段を選ばない男だ。そして戦争は生やさしいものではないので、そこでの選択には難しいものがある。戦いには汚い仕事もあって、キャシアンはスパイ活動を担っているよね。敵の領域に入って情報を盗み出すこともするので、仕事は難しく危険が伴う。これは、シリーズにとって新しい描写だと思う。

――本作を作品全体としては、どう受け止めましたか?
 
この映画は、過去のシリーズのなかでも一番、地に足が着いた内容になっていると思う。その上、銀貨系のなかでももっともダークでシリアスな状況を描いていて、人々が最悪の状況で戦う姿は、観ている僕たちのほうも何かを成し遂げることが可能であるということがメッセージとして伝わると思う。それは、新しいテーマだよ。

――さて、本作は同シリーズのファンは待ち焦がれていましたが、SW初めての人にはどうすすめますか?
 
初心者には、この作品を最初に観てほしいよ! シリーズへの導入としても素晴らしいし、とてもエキサイティングな物語だ。この作品に登場するヒーローたちは、僕たちのような普通の人間だしね。その普通の人間が偉業を成し遂げ、チームワークも描く。自由を得るため、犠牲を払うという物語でもある。だから、おすすめしたいね!


『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は公開中
©Lucasfilm 2016

■参照リンク
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』公式サイト
starwars.disney.co.jp/movie/r1.html

関連記事リンク(外部サイト)

SMAP、27時間テレビ伝説のライブ映像公開 中居くんに改めて称賛の声多数
井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】
BRAHMANのTOSHI
ジュラシック・ワールドかよ!5メートル級の巨大ワニが豚を襲撃→ひと飲みしちゃう怖すぎる衝撃映像
マクドナルドの見える品質管理が本気www ぶっちゃけ質問「バンズは腐らないって本当?」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。