体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キュートで退屈(?)なフリーホラーゲーム『Spooky’s Jump Scare Mansion』 あなたは1000部屋目にたどりつけるか?

年末年始。大みそかからお正月にかけて長期休みという方も多い。長期休みはゲーム三昧だ!と意気込んでいる人もいるのではないだろうか?

今回はそんな長いお休みにぴったりのホラーゲーム『Spooky’s Jump Scare Mansion』を紹介しよう。本作はゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて無料配信されているフリーゲームで、Steamアカウントを持っていればすぐに遊ぶことができる。

このゲームの特徴は、とにかく「長い」こと。長いといってもそれはプレイ時間ではない。その道のりがはてしなく長いのだ。
image09

『Spooky’s Jump Scare Mansion』はアメリカの二人組のインディディベロッパー「Lag Studios」が手掛けた作品。タイトルにある「Jump Scare」とは、ホラー映画などによくある大きな音を鳴らしたり映像を変えたりしてびっくりさせる演出のことで、ようするにワッと驚かせるのが得意なゲームだ。心臓にはよろしくない。

ちなみにタイトルロゴに張り紙をして名前を書き換えているのは、諸事情でタイトルが変わったからである。以前は『Spooky’s House of Jump Scares』というタイトルだった。なぜタイトルが変わってしまったのか。そこにはインディゲームのつらさが隠れている。

事の発端はドイツのモバイル会社「Spooky House Studios」が「Spooky house」の商標を取得しようとしたことに始まる。そこで商標と似通った本作とぶつかってしまった。「Spooky House Studios」は「Spooky House」のヨーロッパ圏での商標を取得しているとして、「Lag Studios」にタイトルの変更を要求したのだ。大きい会社ならここから法廷闘争に突入するところだが、二人組の小さすぎるディベロッパーにはその力がなかった。そして、最終的にタイトルが変更される形となったそうだ。これは本作のSteamの更新情報にて開発者自ら報告している。

インディゲームはたびたび法廷闘争に巻き込まれる。が多くの場合、開発チームの規模の小ささが災いし、チームに苦労だけが強いられてしまう。なんとも、つらい話である。

話がそれてしまった。ゲームの話に戻ろう。

世界一キュート(?)なホラーゲーム

 

image08
 
『Spooky’s Jump Scare Mansion』はプレーヤーが古くから丘の上に立ついわくつきの大邸宅に訪れるところからはじまる。そこへこの邸宅の主であり、ゲームの案内役であるスプーキーちゃんが現れる。かわいい。

「こんにちは。私はスプーキー。ここは私のおうち。つつましいプレーヤーさん、あなたは1000の部屋を通り過ぎることができるかしら?」

そう、このゲームは1000の部屋を生きて通過することが目的だ。

image11
 
スプーキーちゃんの大邸宅は空間がねじ曲がっているのか、部屋が一本道のようにいつまでも続いている。部屋の形は様々で、ただの廊下のようになっている部屋、アーケードゲーム機が陳列された部屋、行き止まりがいくつもある部屋などたくさんのパターンがある。プレーヤーはここをただひたすら通過していく。

操作はFPSなどによくみられる一人称視点のものそのままで、慣れている人はすぐに遊べるだろう。右上に今自分が何部屋目を通過しているのか表示されているので、ゴールまであとどれくらいかすぐにわかる。部屋のデザインはスプーキーちゃん同様、かわいいイラスト調になっている。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会