ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

余ったマイルを“売って”収益にできるアプリ「Par」、売り手と買い手をつなぐ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Par1出張や旅行で頻繁に飛行機を利用する人の中には、マイルが余って使い道がないとお嘆きの方もいるかもしれない。アメリカでは年間4000万マイルが有効期限切れで消失しているといい、実に大きなムダである。

・売り手と買い手をつなぎ、余ったマイルを有効利用

それを有効利用しようというのが「Par」というアプリだ。旅行を計画している人と、マイルを持っている人とを結びつけ、マイルを活用してチケットの売買取引をおこなえるサービスである。

まず、旅行計画者がマイルのリクエストを提出する。目的地、日付、片道・往復、国内・国際便なのかといった必要項目を入力。アメリカ国内に起因するすべてのフライトがその対象となる。

リクエストが提出されると、登録ユーザーのうち、リクエスト内容を満たすマイル保持者に向けて、アラートが送信される。

チケットの買い手は、売り手と値段交渉をおこない、妥当な値段であれば交渉が成立。するとチケットの売り手がフライトの予約を実行し、「Par」がemailで買い手側に確認アラートを送信。

・1つの取引で手数料が7.5%かかる

Par1取引成立につき、買い手、売り手側双方に7.5%の手数料が発生し、買い手はそれに加え、空港使用料を支払う必要がある。

例えば、売り手はチケット400ドル(約4万8000円)の提案が成立した場合、30ドル(約3600円)の手数料が発生し、実際には370ドル(約4万3400円)の収入となる。

買い手は、400ドルのチケット提案だった場合、400ドル+30ドルの手数料+5.6ドルの空港使用料=435.6ドル(約5万2000円)の支払いとなる。

・現在はベータ版、アップグレードも検討中

現在ベータ版が公開中で、iOSのみに対応しているが、今後は複数の都市を回るフライト、席のアップグレードなどの機能追加や、他プラットフォームへの対応も検討中とのこと。

ただあり余っているマイルを腐らせて失効させてしまうより、誰かに有効利用してもらい、かつ収益にもなる実用的なサービス。日本でもぜひ実装してもらいたいところ。

Par

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。